猫だもの ぼくとノラと絵描きのものがたり

かさいしんぺい

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582837667
ISBN 10 : 4582837662
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
55p;21

内容詳細

一匹のノラとの出会いが、人生を変えることだってある。―キタカルとの出会い以来、それまで、近くにいながら縁遠きものだった猫という存在に、カメラと心のファインダーを向け続けた。―ある日、ともだちのしんぺいから手紙が届いた。ノラ猫キタカルとの日々を読むうちに、スケッチ帖はまだ見ぬ猫のスケッチでいっぱいになっていた。小学校高学年〜一般。

目次 : キタカル日誌(かさいしんぺい)/ しんぺいの手紙(いせひでこ)/ 猫だもの(かさいしんぺい)/ 絵描きだもの(いせひでこ)

【著者紹介】
いせひでこ : 伊勢英子。画家、絵本作家。1949年生まれ。13歳まで北海道で育つ。東京藝術大学卒業。創作童話『マキちゃんのえにっき』で野間児童文芸新人賞を受賞

かさいしんぺい : 葛西新平。IT系エンジニア、作家。1979年、東京都生まれ。会社勤務のかたわら、創作とエッセイを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    いせひでこさんとかさいしんぺいさんのコラボによる野良猫との心温まる絵物語です。文章は日記と手紙が中心ではなしは他愛ないものですが、いせさんの絵が話にぴったりな感じで安らぎを与えてくれます。むかしは野良猫や野良犬が多く保健所にもっていくことも多かったのですが最近はあまりそのような話もありません。この話のような扱いを受けている猫も多くなっているのでしょう。

  • kanegon69 さん

    「いせひでこ」さんと「かさいしんぺい」さんのとっても柔らかで繊細な日記/手紙でした。ノラ猫の「キタカル」との出会い、過ごした日々を綴った日記、とても優しく微笑ましかったです。一方、二人ともとても繊細で、それが故に真っすぐ登れず、立ち止まったり麓に戻ったり、そんな心の様子がとても繊細に書かれていましたね。「キタカル」も自分の子供が毒で殺され、呆然と傍を離れなかったとのこと。しかしそれでも逞しく生きているノラ猫。悩み事や苦しい事が尽きない生きにくいこの世の中、2人と1匹の姿がしっとり心の中に入ってきます。

  • クリママ さん

    軽井沢での牛乳配達の途中、ノラ猫と知り合う。その交流が温かく爽やかにに綴られた日記とエッセイ。そして、いせひでこさんの水彩。大人のための絵本のよう。

  • 瑪瑙(サードニックス) さん

    しんぺいさんと野良猫との出会いと触れ合った日々と別れ。それが日記形式で綴られてあります。そしてその話を聞いたいせひでこさんがイラストを描かれていらっしゃいます。とても静かな猫と人間とのお話。

  • たまきら さん

    猫って、ふっと私たちの日常に登場して、ふりまわす。去年そんな風にして20数匹の猫の里親探しをした我が家ですから、外ネコさんを心配する作家さんと絵描きさんの日常がほほえましかった。地域猫に対する様々な考えがあるのはわかるけれど、おおらかに見守ってもらえる地域ほど、人間も住み心地がいい気がします。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品