加古里子 (かこさとし)

人物・団体ページへ

こまったこぐま こまったこりす MOEのえほん

加古里子 (かこさとし)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592762072
ISBN 10 : 459276207X
フォーマット
出版社
発行年月
2017年03月
日本
追加情報
:
24p;26

内容詳細

今に伝えたいやさしさと希望に満ちたメッセージ。かこさとしの80年代傑作絵本が、装いを新たに登場!ピンチをのりこえるのは、たすけあいのこころ―。やまのなかで、みちにまよってこまったこぐまがであったのは、こりすや、ことり、こざる、みんなさまざまなことでこまったどうぶつたち。ちからをあわせてたすけあいながら、みちをすすんでゆきます。

【著者紹介】
かこさとし : 1926年、福井県武生市(現・越前市)生まれ。東京大学工学部応用化学科卒業。工学博士、技術士(化学)、絵本作家、児童文化研究者。59年『だむのおじさんたち』で絵本作家の道へ進み、現在までに600点以上の作品を刊行。2008年菊池寛賞、2009年日本化学会より特別功労賞受賞。2013年福井県越前市に、かこさとしふるさと絵本館『〓(らく)』が開館した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いっちゃん さん

    一気に、みんなの困ったが解決されてスッキリ。

  • pon_chan さん

    かわいいなぁーー こまったこまったが増えていくと この先どうなってしまうのか 次のページをめくるのがドキドキしてしまう ((予想がつかない!)) ぉーーー! 頭いいっ 最後も素敵♡ ぜんぜん話は違うけど、からすのパンやさんと同じような優しさが残る。 あとがきも良かった

  • みつばちい さん

    かこさんの絵じゃないみたいに(失礼)可愛らしい!!話もほのぼの。困った動物たちが助け合う温かい絵本

  • いっちゃん さん

    ことばあそびが、かこさんらしいな。

  • 遠い日 さん

    困った、困った、困ったことを、みんなで抱えて、みんなで解決。ひとりひとりができることをやれば、みごとな解決に繋がった。困りごとを打ち明けられることも、助け合えることも、すばらしい。子どもたちには、そういうコミュニケーション能力を身につけてもらいたいなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

加古里子 (かこさとし)

1926年、福井県に生まれる。東京大学工学部卒業後、民間企業の研究所に勤務しながら、セツルメント活動、児童文化活動に従事する。600冊にのぼる児童書のほか、著書多数。福井県越前市に「かこさとしふるさと絵本館〓(らく)」がある。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

加古里子 (かこさとし)に関連する商品情報

  • かこさとしさん 最後の絵本 加古里子さんが手掛けた最後の絵本『みずとはなんじゃ?』が発売。代表作をこちらのページでご紹介いたします。 HMV&BOOKS online|2018年11月9日(金)
  • 高橋一生が感銘を受けた本 『地球』 高橋一生が「ボクらの時代」で、加古里子(かこ さとし)の『地球 -その中をさぐろう-』を紹介。地球の中の様子を地表から中心部にわたって描いた科学絵本。 HMV&BOOKS online|2018年3月26日(月)

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品