たっちゃんまってるよ

おくもとゆりこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784900656499
ISBN 10 : 4900656496
フォーマット
出版社
発行年月
2008年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26cm,32p

内容詳細

たっちゃんは、今朝も一番乗り。机にカバンや荷物を勢いよく置くと、すぐに、ストーブのそばに来てあったまっている。朝の会が終わって、1時間目が始まると、たっちゃんは教室を出て行ってしまう…。

【著者紹介】
おくもとゆりこ : 本名、奥本由利子。広島市生まれ。短大図書館勤務、OL生活の後、小学校教諭を25年経験。現在、療育センターや児童館などで、読み語りをしている。ほかにピース・ボランティアとして、広島平和記念資料館や広島平和記念公園等で案内活動するかたわら、被爆体験を継承し伝えるための活動をしている。この本だいすきの会会員

よこみちけいこ : 1972年、広島県呉市生まれ、呉市在住。大阪教育大学芸術学コース卒。一児の母として子育てのかたわら、創作活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けいねこ さん

    うんうん、いるよね、こういう子。こうやって見守って、まってあげられるのが、ほんとうのゆとり教育だよね。

  • 庵治 さん

    教室に入れない、でも学校全体を誰よりも楽しいんでいる(様子)の一年生、たっちゃん。彼を見守る先生とクラスメイトと小学校のみんな。実話かなあ。こんな小学校だったら、どんなお母さんだって子どもを安心して通わせれるのにな。勝手に持ってきた4歳娘は、たっちゃんを尊敬のまなざしでみているようだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

おくもとゆりこ

本名、奥本由利子。広島市生まれ。短大図書館勤務、OL生活の後、小学校教諭を25年経験。現在、療育センターや児童館などで、読み語りをしている。ほかにピース・ボランティアとして、広島平和記念資料館や広島平和記念公園等で案内活動するかたわら、被爆体験を継承し伝えるための活動をしている。この本だいすきの会会

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品