おかんメール制作委員会

人物・団体ページへ

おかんメール 2

おかんメール制作委員会

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594071288
ISBN 10 : 4594071287
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
127p;18

内容詳細

大ヒット御礼、ベストセラー第二弾。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • takaC さん

    意外と読むのに時間がかかる。

  • えりっち さん

    耐性が出来てしまったのか、1の方がワクワクしながら読めました。おかんの変換ミスは「あるある」すぎます(笑)

  • ガクガク さん

    おかんパワーは相変わらず超ド級の破壊力。メールやラインで繋がる者、繋がっていない者さえ笑いの巨大トルネードに巻き込まれてしまう。「少々のことでは笑わないゾ」と決意を固めてページを繰っても、最終ページまで笑いを我慢できる人が果たして存在するだろうか? ツボにハマったものを数点。私「今いける?」⇒母「今神と化してるから待ちなさい」・・・母は生き神かシャーマンだった! 「かつあげ はじめていい?」⇒新米な極妻か?変なとこで区切んじゃない! 「冷蔵庫でチンして食べて」⇒新商品開発=電子レンジ機能付き冷蔵庫なの?

  • only1bluerose さん

    評価☆☆☆ 第2弾も面白かった。母は神とは良い表現。IT社会でも破壊力は抜群!

  • ハイランド さん

    おかんメール第2弾!しみじみしたメールは減って笑えるメールが満載。1と何が違うって、メールから主流がLINEに移っていること。すごいなあ。おかんのネット状況も進化しているんだなあ。と、LINEもTWITTERも使ったことないアナログ人間には脅威の変化だわ。次はおかんブログとかおかんFACEBOOKとかになっているのだろうか。とはいえ内容は、相変わらずの愛情たっぷり誤変換たっぷり。「母の日っていつ??私確か子供いたよね??」いじける可愛い母。怖い母もいたりで最高。今年の母の日は白いカーネーション買おうかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品