サプリ 4

おかざき真里

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784396763855
ISBN 10 : 4396763859
フォーマット
出版社
発行年月
2006年07月
日本
追加情報
:
21cm,182p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 蝶よ花You さん

    「恋愛体質」の人って私の周りにもいるけれど、それって誰にでもなれるもの?最初の頃の藤井は少なくとも違うと思っていたけど、今の藤井は正しく「恋愛体質」。一つの恋が終わっても常に次がある。次が始まる。そんなに好きじゃなかった訳でもないのに、次をすぐに始められる。まぁ、それだけ藤井が魅力的で、藤井に色目を使う人間がいるだけ、とも言えますが。大好きな作品で、色んなところにシンパシーを感じてきましたが、初めて「意味わからん」という感情に直面。でも、これもまた面白い。

  • 昼と夜 さん

    【再読】『女の人って謝らないでしょ仕事で。僕の偏見だけど上手く回ってるうちは調子よくてもいったんミスが生じると、急に“私”が出て被害者になったり、レスポンス遅くなったり、仕切る立場の人にそれやられると辛いんだよ、“仕事は自己実現”なんて言われてるけどさ、パーツにもなりきれない人が多い中で実際藤井さんみたいに丸謝りして場をおさめるのめずらしいよ。』…すみません、我が身振り返って反省します。

  • 星落秋風五丈原 さん

    「ラッキーアイテムってどう?」と失恋したてのミナミを誘うサハラ。そんなミナミの失恋の痛手を一緒に被り強いように見えて脆さも持っている田中。この漫画はいろんなタイプの働く女性が描かれていていい。荻みたいな男いますね。いかにも言葉尻は優しいけれど自分が絶対悪者にならないように仕組んでいるタイプ。天性のものかもしれませんが。

  • 更紗 さん

    巻が進むほど、田中さんのことが好きになっていきます。

  • あけさと@ぷに さん

    一気に読んだ。感想は最終巻にて。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品