みんなの山田うどん かかしの気持ちは目でわかる!

えのきどいちろう

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309022710
ISBN 10 : 4309022715
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
253p;19

内容詳細

関東ローカルチェーンにして、埼玉県民のソウルフード。ほとばしる「山田」愛、飽くなき「山田」研究、まさかの第2弾!

目次 : 集え、山田者たち!/ 山田以上に山田が残っている山田―200店制覇の猛者マス岡田との山田ツアー/ 偉業!マス岡田の山田うどん200店舗全店制覇―手記 自分はこうして頂上を極めた/ 池上彰さんは「山田者」だった!?/ 山田うどん小説 おまえじゃなきゃだめなんだ/ 特殊山田の研究/ 案山子デザインの謎とジョンソン基地/ 俺たちのサイタマ―山田うどんへの「後ろめたさ」をめぐって/ 団地文化と西武文化から考える、山田うどん世界遺産への道/ ももクロに必要なことは、全て山田うどんで学んだ〔ほか〕

【著者紹介】
北尾トロ : 1958年生。ライター。『季刊レポ』編集・発行人

えのきどいちろう : 1959年生。コラムニスト。中央大卒業。大学時代に創刊したミニコミ誌『中大パンチ』が話題となり、フリーライターに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • MOKIZAN さん

    藤沢市北部の3店舗集中展開のお蔭で、今でも身近に感じています。(讃岐うどんとは全く別物、スタイルです、念のため)他のロードサイド型ファーストフード店には無い、空いている時に感じる鄙び、長閑けさがなにより良い。営業時代、名古屋以西の人を埼玉県内に連れて行った際には、「このうどんを食べられないと、先方に相手にされないぞ」と脅したもんだ。もっといいもん食べさせてやれば良かったけど、地の物食べたがるし、他に同県地場産は思いつかなかった。創業者談話から同社のような企業風土は、神奈川からは発信出来ないなと感じました。

  • 夫婦善財餡 汁粉 さん

     山田ムーブメントすばらしい。「山田内山田」で食べるためには就職するしかないというのも。行ってみたい,山田本店でいいですけど。ダウドンと略されるらしいですね。気軽に食べられる。安い。そんなにすてきでもない。ゆるくて素敵な聖地なのですね。埼玉の誇る外食スポット。

  • こけし さん

    「山田うどん本、第2弾!」今回は本当にセットメニューだ、盛りだくさん。ウキウキしながら読みました。山田うどん、食べたい!

  • co_match さん

    1冊めはノリで作った感じだけど、2冊めは埼玉と北関東、東京との関係など社会論、文化論にまでなっていて濃密な内容。山田うどんを知らない人にもおすすめしたいです。

  • izuru youichi さん

    山田本第2弾。 店探訪・小説・CM研究等盛り沢山の内容で第1弾よりさらに濃い内容になっている。特に興味を惹かれたのは現在顧問を務めている山田勝康氏と会長夫人へのインタビュー。麺を卸していた山田製麺所がどのように現在のチェーン店『山田うどん』として形になっていったかが現場目線で思い出として語られていて面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

えのきどいちろう

1959年、秋田県生まれ。コラムニスト。中央大学時代に仲間と創刊したミニコミ誌『中大パンチ』の原稿が『宝島』編集者の目に留まり、商業誌デビュー。以降、各紙誌にコラムやエッセイを連載し、現在に至る。07年から12年までアイスホッケー『H.C.栃木日光アイスバックス』の運営会社、株式会社栃木ユナイテッド

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品