この商品の関連特集

彼女を言い負かすのはたぶん無理 3 スマッシュ文庫

うれま庄司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569677781
ISBN 10 : 4569677789
フォーマット
出版社
発行年月
2012年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
262p 15cm(A6)

内容詳細

平凡だった桜井祐也の高校生活は、ディベートの天才・九重崎愛良との出会いによって激変した。しかし、再三の警告を無視して暴れ続けたアイラは、ついに一週間の停学処分となる。アイラのいない学校生活は平和そのもの。そう思っていたのだが、桜井と橘詩織は、とある事情から生徒総会でディベートをしなければならなくなってしまう。人見知りの詩織には、全校生徒を前にしたディベートはまだ難しい。気弱な性格を治すため、一緒にディベートをしたり、デートをしたりするうちに、ふたりの仲は親密なものへと発展していく。そのころ、自宅でひとり待機していたアイラは…。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スーパーモラル さん

    ディベートは、少し面白くなっていた。

  • TTakeshi さん

    相変わらず、他作品をDisるのは絶好調w 1巻目の尻すぼみに不満を持っていた私ですが、3巻目にして第1話が終わった様に思えました。

  • ハルクイン さん

    はがないディベートにはつい笑ってしまった。桜井くんがアイラと橘の間でちょっと揺れているが、アイラといちゃつくのが良いなぁと思ったり。もちろん橘も可愛かったけど。駒田会長のキャラも気に入ったので、次にも登場しないかなー。楽しみだ。

  • takao さん

    ディベート部分でがっつり楽しめて、ラブコメパートでニヤニヤできて。2巻で感じていた不満がうまいこと解消されていたように感じました。バランスが断然良くなって、面白かったな、と。ラストのディベートに関しては、納得できる結論が出ていたのも良かったです。あれで泣き落としがつうじたら、と思うと。主人公の感情が思っていた以上に弱かったのは困ったものですが、両雄並び立つ、という展開でまだまだ楽しめそうです。

  • 藤和田 さん

    「はがない」ディスてるーwwとか主人公が誠死ねって感じだったり…ww4巻も出るっぽいのでうれしいなー

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品