おりづるの旅 さだこの祈りをのせて PHPにこにこえほん

うみのしほ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569684055
ISBN 10 : 456968405X
フォーマット
出版社
発行年月
2003年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
24×24cm,1冊

内容詳細

原爆症のために12歳で亡くなった佐々木禎子の悲しみが、折り鶴とともに世界の人々の心に伝わった。「おりづる」が世界にはばたいていった道すじを、平和への祈りをこめて描くノンフィクション絵本。

【著者紹介】
うみのしほ : 1947年静岡県生まれ。愛知県豊橋市在住。児童文学創作集団「プレアデス」同人。中部児童文学会、日本児童文学者協会各会員。ペンネームは「海の塩」から。“真実はちょっと辛い”の意味をこめて

狩野富貴子 : 1945年高知県生まれ。高知市在住。広告関係の仕事を経て、絵本・さし絵の世界に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みつばちい さん

    原爆症で12歳で亡くなったさだこ。闘病中に辛くても鶴を折り続けたさだこと原爆で亡くなった子ども達のため、友達が大人たちと行動し原爆の子の像を作った。それが世界に広がり、アメリカでも像が作られたり、モンゴルで歌が作られたり、、さだこの鶴は世界を旅して平和を訴え続ける。オバマさんが広島に来て鶴を折ったことで日本でも有名になったけど、さだこというと映画の方を思い浮かべる若者の方が断然多い。もっと知って、平和への祈りをひろげていきたいものだ。

  • mari さん

    広島平和公園記念内の少女とおりづるの塔ができるまでの話。塔を外国に設置しようとしたときの困難もわかりやすい。

  • なま さん

    ★★★★★1958年広島平和記念公園の「原爆の子の像」の慰霊碑がなぜできたのか?また、被爆した佐々木禎子さんと折り鶴、なぜ平和の象徴が世界で折り鶴になったのか?小学生にもわかりやすい内容です。戦争を無くしたい、原爆を繰り返さないように願いを込めて今後も平和への道のりを歩んでゆくためには、避けられない一冊。当時の記憶は戒めとして、永遠に語り継がなければならない。13分。

  • ろくべえ さん

    ★★★☆☆ 小中〜 5年生戦争・平和学習ブックトークで紹介。佐々木禎子さんの命が平和への種となって、同級生たちの活動によって世界へと蒔かれ、羽ばたいていったことを知ってもらうために。絵のタッチも柔らかく、単行本版は字が多くて苦手という子でも手に取りやすい。日本人として禎子さんという1人の少女と原爆の子の像の存在は知っておきたい。

  • 絵具巻 さん

    文京区立根津図書館で借りました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

うみのしほ

1947年静岡県生まれ。愛知県豊橋市在住。児童文学創作集団「プレアデス」同人。中部児童文学会、日本児童文学者協会各会員。ペンネームは「海の塩」から。“真実はちょっと辛い”の意味をこめて

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品