いわむらかずお (岩村和朗)

人物・団体ページへ

もっとかんがえるカエルくん

いわむらかずお (岩村和朗)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834018929
ISBN 10 : 483401892X
フォーマット
出版社
発行年月
2002年10月
日本
追加情報
:
30cm,55p

内容詳細

カエルくんは考える。ゆったりと、しずかに…。ネズミくんも考える。考えているうちに思わぬ発見をする。なにげないことから考える楽しさを教えてくれる、いわむらかずおの傑作コマ割り絵本。第3集いよいよ登場。

【著者紹介】
いわむらかずお (岩村和朗) : 絵本作家。1939年東京生まれ。東京芸術大学工芸科卒業。栃木県益子町在住。絵本にっぽん賞、小学館絵画賞、サンケイ児童出版文化賞受賞。その作品は、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど、15カ国語に翻訳出版され、世界の子供たちに親しまれている。『かんがえるカエルくん』で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。1998年4月、栃木県馬頭町に『いわむらかずお絵本の丘美術館』を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • keroppi さん

    カエルくんはかんがえる。よるってなんだろう?ゆめってなんだろう?しずかなよるは、いろいろかんがえるよね。ゆめって、よるでもひるでもみるよね。このかんがえるカエルくん、すきだなぁ。

  • kanata さん

    「ふえをふくフクロウさん」「よるはどこからくるの」「ゆめはどうして自由にならないのか」「とのかげのトカゲさん」。よるとは?と考えていたら夜中になってうとうとネズミくんと、横でうとうとする友だちに気づかず考え続けるカエルくん。また、ゆめのなかで思いきりおしっこしたのに現実にはセーフだったネズミくんと、蝶になっていつもとは違う世界を満喫したカエルくん。そこに二人の性格の違いのようなものがかいまみえて愉快。

  • みさどん さん

    4コマ漫画仕立て。カエルくんが考えていく様子に加えて、共にじっくり考えてくれる友達のネズミくんの存在がいい。そして、納得できる可愛い展開、ほのぼのする絵がいい。哲学的。

  • まるりー さん

    「夜」と「夢」をかんがえる。夜はどこからくるの?確かに時間の境界線は目には見えないし、玄関から入ってくる訳じゃない。知りたくなっちゃうね。寝ているときに見る夢は、寝ている自分が勝手に考えている、か。なるほど、無意識だと自分に都合が悪いことも見せたいと考えるのか。脳って不思議〜

  • yuzuriha satoshi さん

    うん たまにはたちどまって もっともっとかんがえよう

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いわむらかずお (岩村和朗)

1939年東京都生まれ。東京芸術大学工芸科卒。1998年栃木県馬頭町(現・那珂川町)に「いわむらかずお絵本の丘美術館」を開館、絵本・自然・子どもをテーマに活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品