いわむらかずお (岩村和朗)

人物・団体ページへ

根津あかね ゆうひの丘のなかま 4

いわむらかずお (岩村和朗)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784652012444
ISBN 10 : 4652012446
フォーマット
出版社
発行年月
2005年03月
日本
追加情報
:
22cm,147p

内容詳細

ゆうひの丘の生きものそれぞれが、冬への備えに忙しい秋。アカネズミのあかねさんにどんぐり泥棒の疑いがかけられてしまい…。「いわむらかずお絵本の丘美術館」のある「えほんの丘」を舞台にした、動物たちの物語。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 歩月るな さん

    火の無い所に煙は立たないかもしれないが、降りかかる火の粉は払わねばならない。疑われない生き方なんてあるのだろうか。もっとも身近に学ぶなら『逆転裁判』などで描かれる「給食費盗難」を通じての学級裁判。今は自動引き落としだから疑われる事自体が無いが、さて森の生き物たちの冬支度はどうだろうか。探偵であるちくりんさんが最高に輝く。その見事な執り成しぶり(でも相手は鳥ばかり、は、は、は)とダジャレの冴えは見事なセンスと言える。今回も森の生き方についての議論であるが、それを軸に展開する物語は真に迫っており簡単ではない。

  • ハル さん

    シリーズ4作目を図書館で見つけたが、「絵本の丘美術館」の紹介書がはさまれており、私と同じく同館で購入し寄贈したものかもしれない。3作目はこの図書館になく、予約取寄せしなければいけないようだ。本物のネズミが家中に入り込むと困るが、可愛く描かれている。

  • ノイエ(NOIE) さん

    ついに手にしてしまった? もう止まらない(^◇^;)

  • 遠い日 さん

    060225【読書ノート/ひとことメモ】野に生きるものたちの知恵と勇気。

  • みか さん

    本の表紙や、今まで読んでいた絵本のイメージで読み始めたので、それとは違う雰囲気にだいぶ驚いた本でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いわむらかずお (岩村和朗)

1939年東京都生まれ。東京芸術大学工芸科卒。1998年栃木県馬頭町(現・那珂川町)に「いわむらかずお絵本の丘美術館」を開館、絵本・自然・子どもをテーマに活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品