ぼくがいっぱい カラフルえほん

いもとようこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784265069576
ISBN 10 : 4265069576
フォーマット
出版社
発行年月
2005年04月
日本
追加情報
:
26cm,31p

内容詳細

お母さんが次から次に、あれやこれやと言ってくる。もうウンザリして、僕がいっぱい居たらいいのにと思った。そのとたん「はーい」という声がして振り返ると、そこには僕がいっぱい居た。うれしいな、でも…。

【著者紹介】
いもとようこ : 兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油絵科卒。『ねこの絵本』(講談社)『そばのはなさいたひ』(佼正出版社)で、ボローニャ国際児童図書展エルバ賞2年連続受賞。『いもとようこうたの絵本(1)』(講談社)で同展グラフィック賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    正直になってください…みんな一度は考えたことがあるはず!そして同じ理由で却下したはず!現在仕事・公演準備・学校を掛け持ちするオトンが「ああ、よくわかるよ…」とぼやいていました。ぷぷぷ。

  • あおい さん

    2年生の読み聞かせに使用。やることがいっぱいで一人じゃ無理だと思ったら、出てくる出てくるぼくがいっぱい!便利だけどいいことばかりじゃないね〜。

  • boo さん

    【図書館・お話会】6ヶ月明らかに息子には早いですが、面白かった!!これ小学一年生に読み聞かせしたら面白いだろうなぁ。

  • ラグエル さん

    分業には情報共有とか統括がひつようだとか、そういう話。←いや、違うと思う。

  • nakatomo さん

    6年生 朝の読み聞かせに。少し子どもっぽいかなと思ったけど読んでみた。「宿題しなさーい」って読んだら「いやー」って間の手をいれてくれる子もいたりして楽しかった。自分の分身がいたらいいのになって思ったことあるよね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いもとようこ

兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこうたの絵本1』で同グラフィック賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品