どろんこどろちゃん いとうひろしの本

いとうひろし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591077696
ISBN 10 : 4591077691
フォーマット
出版社
発行年月
2003年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
伊東寛 ,  
追加情報
:
27cm,1冊

内容詳細

どろんこの中から、目玉がきょろきょろ。あれれ、生まれてきたのは、どろんこどろちゃん。どろちゃんは誰にでも作れるんだ。どろちゃんと一緒にどろんこ遊びを楽しもう。いとうひろし待望の最新刊。

【著者紹介】
いとうひろし : 1957年、東京に生まれる。早稲田大学教育学部卒業。作品に「ルラルさんのにわ」(絵本にっぽん賞)、「くもくん」(日本絵本賞読者賞)(以上ポプラ社)、「おさるのまいにち」「おさるはおさる」(ともに路傍の石幼少年文学賞)、「おさるになる日」(IBBYオナーリスト)、「だいじょうぶだいじょうぶ」(講談社出版文化賞)(以上講談社)、「マンホールからこんにちは」(児童文芸新人賞)(徳間書店)など多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 魚京童! さん

    どどーん。

  • おはなし会 芽ぶっく 【柏葉幸子さん 読書会】 さん

    どろちゃんのレシピ付き(笑)大きくなると泥遊びなんてしなくなっちゃうもんね。出来る年代の時におもいっきりさせてあげたいな。

  • 遠い日 さん

    どろんこ遊びの醍醐味、満載。土を手でこねくり回している時の陶酔感がよくわかる。どろちゃん自身が夢中になっていくようすに、子どもの遊びの集中力をみる。胸がスカッとするほど、気持ちいい本。

  • おーちゃんママ さん

    この本を読んだ後に「どろんこあそび」をする子は、絶対に「どろちゃん」を作ると思うな〜。もう、一緒に泥んこ遊び出来る子どもがいないのが残念!(おばさんが一人でやってたら、気持ち悪いし・・・。あとは孫まで待つしかないか・・・。)

  • ミルル さん

    【年中:読み聞かせ用】 どろちゃんが泥の遊び方を教えてくれるお話。  指の腹で描いてる絵。指紋がクッキリ見える部分もある。泥んこあそびも素手で泥の感触を感じながらするものだし、指で絵を描くのも「泥遊び」近いものがありますよね(^^)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いとうひろし

伊東寛。1957年、東京に生まれる。早稲田大学教育学部卒業。1987年、『みんながおしゃべりはじめるぞ』(童心社)でデビュー。以来ユーモラスで哲学的な独特の作風で絵本や絵童話の創作や挿絵の仕事を続ける。主な作品に『マンホールからこんにちは』(日本児童文芸家協会新人賞)、『おさるはおさる』(路傍の石幼

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品