おさるのもり どうわがいっぱい

いとうひろし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061981522
ISBN 10 : 4061981528
フォーマット
出版社
発行年月
2003年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
伊東寛 ,  
追加情報
:
22cm,77p

内容詳細

毎日練習しているのに、まだ木に登れない妹のおさる。「ぼくが初めて登った木なら妹も登れるかも」と、お兄ちゃんのおさるは森のなかを探し出すが…。子どもから大人まで大人気のシリーズ。〈受賞情報〉野間児童文芸賞(第41回)

【著者紹介】
いとうひろし : 1957年、東京生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遠い日 さん

    森で暮らし、森で育つぼくたちきょうだい。おさるにとって木登りはだいじなこと。まだ木登りができない妹のために、一生懸命登れるようになる策を考えるぼく。きっかけが大切だと思っても、偶然のきっかけは運任せ。機が熟すまで待つこと。おじいちゃんと森を巡って自分が初めて登った木を探す件りは、哲学的でとてもすてき。

  • kazu_tea さん

    赤ちゃんだった妹が少し大きくなって木登りの練習中!妹が木登りできるようになる「きっかけ」をつくってあげようとする"ぼく"なのですが・・・。今回も、ほのぼのと和やかな雰囲気で、何か大切なしみじみとしたものも感じさせてくれるお話しです。

  • ツキノ さん

    (E-397-85)2003年7月発行。「もりとぼくらはだいのなかよしです。」…なんていい文なんだろう。おさるといえば木登り。「ぼくらはきにのぼれるようになってはじめて、ほんもののおさるになったといわれます。」…そうですか!その子にあった木登りの練習方法。「きっかけがたいせつなんだよ」ぼくと妹はちょっとちがうってわけね。頭の中がくすぐったくなる体験、いろいろしたほうがいね。もちろん、おとなになってからも。

  • mizutamanori さん

    おさるシリーズの中で1番好きです。ホントにかわいい!妹が木にのぼれるようにと、とびきりのきっかけをつくってあげようとしたり、初めてのぼった木がどれなのか、分からなくなってしまったけど、この森のどこかにあるんだとうれしく感じる「ぼく」。それに、「ぼく」がすること全部を『うん、うん』と受け入れるおじいちゃん。何だか深い…。

  • おみか さん

    ほんとにかわいい・・妹を気に登らせるために大蛇を使おうとして危うく食べられそうになるくだり・・たまらん。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いとうひろし

伊東寛。1957年、東京に生まれる。早稲田大学教育学部卒業。作品に『ルラルさんのにわ』(絵本にっぽん賞)をはじめとする「ルラルさん」シリーズ、『くもくん』(日本絵本賞読者賞)、『おさるのまいにち』『おさるはおさる』(ともに路傍の石幼少年文学賞)、『おさるになるひ』(IBBYオナーリスト)、『だいじょ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品