おさるのかくれんぼ 講談社の創作絵本

いとうひろし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061323445
ISBN 10 : 406132344X
フォーマット
出版社
発行年月
2007年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
伊東寛 ,  
追加情報
:
22×27cm,32p

内容詳細

「もういいかい」「まーだだよ」。オニの役でみんなを探すおさるの少年。でも、静まり返った森は、ちょっぴり怖くて…。『どうわがいっぱい』シリーズで人気の「おさる」の童話の絵本。

【著者紹介】
いとうひろし : 1957年、東京都生まれ。作品に『だいじょうぶ だいじょうぶ』(講談社出版文化賞絵本賞)、『ルラルさんのにわ』(絵本にっぽん賞)、『おさるのまいにち』(路傍の石幼少年文学賞)、『おさるのもり』(野間児童文芸賞)、『くもくん』(絵本にっぽん賞読者賞)、ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    読後。オカン「なんかちょっとかわいいけど小さい子用な感じだね」オタマ「あたし小さい子だけど」

  • 魚京童! さん

    でも、ひとりいません。

  • みつばちい さん

    いつもの森でいつもの友達とかくれんぼ。でも鬼になるとみんなの姿が見えなくていつもの森がちょっぴり怖いところになるみたい。でも大丈夫、しばらくすればみんなが見つかる。そうすればまたいつもの森。子どもの頃のかくれんぼの時の気分を思い出した。単純だけど好きな絵本です。

  • 姫咲 さん

    「おさる」シリーズ、絵本にもなっていたんですね。相変わらず脱力系で、面白いです。「かくれんぼ」のあの独特の「静寂」がよく伝わっていきます。図書館本。本当は「おさるのおにごっこ」を読みたかったのですが、図書館には蔵書がなくて、こちらを借りました。

  • グレ さん

    一年生の長女が福津市立図書館で借りた絵本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いとうひろし

伊東寛。1957年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。独特のユーモラスであたたかみのある作風の絵本・幼年童話の仕事で活躍中。おもな作品に、「おさるのまいにち」シリーズ(講談社刊・路傍の石幼少年文学賞受賞)、「ルラルさん」シリーズ(ポプラ社刊・絵本にっぽん賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行され

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品