いっぽにほさんぽ! からだとこころのえほん

いとうえみこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591094815
ISBN 10 : 4591094812
フォーマット
出版社
発行年月
2006年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25×25cm,32p

内容詳細

夏の初めに生まれた私の弟。毎日、毎日昨日と違うことをして、どんどんぐんぐん大きくなっている。そして、一年経った今日…。『うちにあかちゃんがうまれるの』に続く写真絵本第2弾。

【著者紹介】
いとうえみこ : 1963年、新潟県村上市に生まれる。和光大学人間関係学科卒。学生時代に出会ったしょうがいを持つ子どもたちとの関わりをきっかけに、障害者地域福祉の現場に携わる。その後、子育てを経て、NPO自然育児友の会に関わり、現在、理事。東京都在住

伊藤泰寛 : 1962年、新潟県関川村に生まれる。東京写真専門学校(現ビジュアルアーツ専門学校)卒。出版社写真部アシスタントを経て、同社契約カメラマンとして活動している。妻・三男一女。東京都在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けんちゃん さん

    図書館で。夏のはじめに生まれた弟のそらとくん。毎日昨日と違う新しいことをしてどんどん大きくなっていきます。そらとくんのかわい過ぎる表情もさることながら、「わ、この動き、よく撮ったなぁ…」という絶妙なタイミングのシーンがいくつもあり、感激しました。「だれもがもっているいのちの力」を再確認できる本。おねえちゃん目線の「言葉」も愛がいっぱい。「うちにあかちゃんがうまれるの」の続編だそうで、そちらもぜひ読みたいと思います。

  • いろ さん

    姉目線で赤ちゃんの成長を描いた写真絵本。生まれたばかりのお姉ちゃん抱っこ写真で始まり,2人で歩いて散歩する後姿写真まで。赤ちゃんは誰だって可愛いけど,この絵本の「そらと」君は全ての赤ちゃん代表vみたいに本当に惹き込まれる素敵な笑顔。こちらまでいつの間にか頬が緩んでしまう。幸せ。赤ちゃんがそばにいる生活が懐かしい。また味わいたいとウットリした気持ちになった。おっぱい飲みながらお母さんを見つめる視線の写真にもキュン。10歳男児と「可愛いねv」連発。1/2成人式準備で赤ちゃんの頃の話をする時に読みたかったな。

  • 絵具巻 さん

    文京区立根津図書館で借りました。

  • 刹那 さん

    赤ちゃんの笑顔がなんともかわいい★★

  • 憩子 さん

    毎日が新しいこと尽くし。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いとうえみこ

和光大学人間関係学科、日本社会事業学校研究科を卒業後、障害者地域福祉の現場にかかわる。現在育児支援団体NPO自然育児友の会理事。写真絵本『うちにあかちゃんがうまれるの』(ポプラ社)で第15回けんぶち絵本の里大賞びばからす賞受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品