潔く柔く 9 マーガレットコミックス

いくえみ綾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088463711
ISBN 10 : 4088463714
フォーマット
出版社
発行年月
2008年12月
日本
追加情報
:
18cm,163p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さとまみ さん

    やっと、3人のうちの一人が出た。15歳と22歳。どうなるのかな。

  • たかはし さん

    幾度目かの再読。朝美編。カンナ編で4人グループだったうちの一人の朝美チャン。でも暗い暗い暗ァ〜〜〜い!!!そんな根暗オーラしてたらイイ恋できないぞ〜!(だから雅矢なんてサイテー男に弄ばれる)にしても伊吹がいい年下男子でトキメキ。BLなら年下攻めは苦手めなのに、男女になると途端に年下男子に萌えまくる不思議!でも現実問題、社会人ならまだしも男側がまだ学生の六歳差は実際には厳しいからね。まぁこれは漫画なので夢見せてもらいますがっ!年上の朝美相手にちょっと背伸びしちゃう伊吹がかわいいなかわいいな〜〜〜

  • まりもん さん

    レンタル。朝美がメインの話。真山の話やカンナは色々と登場していたのでそういえば彼女はどう過ごしていたのかな?なんて読み始めて朝美の存在を思い出した。まさか高校生に告白されているとは。

  • 薫子 さん

    朝美もツラかったよね。ハルタの死に関して、朝美は自責の念とかないと思う。けど、関わっていないということに、どうしようもない疎外感を感じてしまいそう。不謹慎だけどね。それにしても、伊吹の明るさは救いだねー。ああいう存在が、暗く沈み込んでしまうタイプの人間には必要ですよ。

  • cache-cache さん

    「最低だって捨てられれば簡単なこと」本当にそう。ぶれない生き方をしたい。なかなかできないけど。人として間違っていることはちゃんと言いたい。間違っている人の言いなりになんてならないように。言うことで、相手に嫌われるかもと考えなくてもいい。自分は発するだけ。受け止め方は相手次第。そう思えば相手に気持ちを伝えやすくなるかも・・・

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いくえみ綾

1979年、『別冊マーガレット』(集英社)にて「マギー」でデビュー。以後、同誌を中心に活躍し、現在に至る。 2000年、『バラ色の明日』で第46回小学館漫画賞を受賞。 ペンネームの由来は、くらもちふさこの作品の『小さな炎』『白いアイドル』『糸のきらめき』それぞれの登場人物の名前からである。

プロフィール詳細へ

いくえみ綾に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド