天の町やなぎ通り あかね・新えほんシリーズ

あまんきみこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784251009562
ISBN 10 : 4251009568
フォーマット
出版社
発行年月
2007年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21×22cm,32p

内容詳細

男の子は「天の町やなぎ通り」に、なんども手紙を書いた。亡くなった母への手紙はちゃんと届くのか…。あまんきみこの作品を、黒井健が幻想的に描いた、しみじみとこころに残る切なく美しい絵本。

【著者紹介】
あまんきみこ : 1931年、旧満州に生まれる。『車のいろは空のいろ』(ポプラ社)で日本児童文学者協会新人賞と野間児童文芸推薦作品賞、『ちいちゃんのかげおくり』(あかね書房)で小学館文学賞、『おっこちゃんとタンタンうさぎ』(福音館書店)で野間児童文芸賞、『だあれもいない?』(講談社)でひろすけ童話賞、『きつねのかみさま』(ポプラ社)で日本絵本賞を受賞する。京都府在住

黒井健 : 1947年、新潟市に生まれる。第9回サンリオ美術賞を、2006年『またたびトラベル』で赤い鳥さし絵賞を受賞。児童出版美術家連盟会員。作品は200冊を超える。山梨県清里に「黒井健絵本ハウス」を開設している。神奈川県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぶんこ さん

    あまりに素敵すぎて溜息が出ました。 5歳の男の子が出したお手紙は、宛先不明でした。 お父さんが教えた住所も素敵なら、そこへお手紙を出す男の子も、そして届けてくれた郵便局長さんも素敵。 そして、そして黒井さんの絵が素敵。 溜息物でした。 思わず展覧会に行きたくて検索しちゃいました。 あまんさんの絵本を教えて頂いた読メさんに感謝です。

  • 頼ちゃん さん

    最初でお話はわかってしまうけど、それでも素敵です。あまんきみこさんらしいお話と黒井健さんの絵が素晴らしい。

  • がる  さん

    黒井健さんの絵本って意外と見たことなかったかも。 素敵な絵でした。 お話もほんわかします。

  • AN さん

    あまんきみこさんも黒井健さんも、私の大好きな作家さん。二人が織り成す話はやはり、優しさで満ちている。 この絵本は大切な人を失った人のための絵本だ。大切な人を失う悲しみは図り知れない。でもそんな時にそっと、この絵本を読んだら救われるだろう。あの大好きな人は笑って、天の町に住んでいるんだと。悲しみを拾い上げてくれるこの絵本は、目も眩むほどに優しい。優しいのだ。

  • 詩 音像(utaotozo) さん

    立て続けに人の死をテーマにした絵本を三冊読んだが、これが一番良かった。具体的に誰も悲しんだり、泣いたりする場面が出てこないのがいい。後半の展開は、浅田次郎の短編ファンタジーのようで、現実からの浮遊感が何とも素敵だ。そして絵も作品にピッタリ合っている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

あまんきみこ

児童文学作家。1931年、旧満州に生まれる。日本女子大学児童学科(通信)卒業。デビュー作『車のいろは空のいろ』で日本児童文学者協会新人賞と野間児童文芸推奨作品賞、『こがねの舟』(以上ポプラ社)で旺文社児童文学賞、『ちいちゃんのかげおくり』(あかね書房)で小学館文学賞、ほか受賞多数

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品