おにたのぼうし おはなし名作絵本

あまんきみこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591005293
ISBN 10 : 4591005291
フォーマット
出版社
発行年月
1982年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25cm,1冊

内容詳細

節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会い…。女の子を思いやるおにたの気持ちが切なくいじらしく、いわさきちひろの絵とともに、いつまでも心に残る絵本。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    かなしくてせつない、オニのおはなし。女の子の優しさと残酷さがおにたを帰ってこれなくしたのかな。鬼がいると他の悪いものが恐がって入ってこれないから、鬼を追い払うのはよくないとどこかで読んだのを思い出した。

  • はる さん

    優しいおはなし。誰も悪くないのに切ない終り方。複雑な余韻を残します。いわさきちひろさんの絵が抒情的で美しい。うるんだような澄んだまなざしに心が奪われます。

  • よむよむ さん

    毎年節分の時期に読み聞かせを致します。そこはかとなく哀しい名作です。来年もきっと読みます。

  • めぐみ さん

    1歳10ヶ月の息子用ではなく、わたし用に借りた絵本。 切ない…。偏見とか思い込みによるすれ違いって同じ人間どうしでも人種とか宗教などの枠を付けることで起こってしまうことがあるなぁ、なんてことを思いました。 いわさきちひろさんの絵が気に入ったようで、息子からもリクエストがあり読んでやりました。内容はわかっていないと思うけれど、絵を食い入るように見ていました。

  • Mariko Ito さん

    節分の頃になると読みたくなる一冊。鬼=悪者ではない。人間と同じで鬼にも色々あると。最後に女の子が言う、あのこはきっと神様だわ、の言葉が心にぐっときます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

あまんきみこ

児童文学作家。1931年、旧満州に生まれる。日本女子大学児童学科(通信)卒業。デビュー作『車のいろは空のいろ』で日本児童文学者協会新人賞と野間児童文芸推奨作品賞、『こがねの舟』(以上ポプラ社)で旺文社児童文学賞、『ちいちゃんのかげおくり』(あかね書房)で小学館文学賞、ほか受賞多数

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品