伯爵は夜の花嫁 ガッシュ文庫

あすま理彩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784877245696
ISBN 10 : 4877245693
フォーマット
出版社
発行年月
2007年05月
日本
追加情報
:
15cm,247p

内容詳細

気位の高い伯爵・クリストファーは、財産相続の条件を満たすため、男同士でありながら執事のヴァンに結婚の契約を命じた。主従関係は変わらぬまま「結婚」生活を送る二人。そんな折、財産を狙う伯父の罠により、クリストファーは捕らわれてしまう。そこに伯父とともに現れたのは、従順な執事であるはずのヴァンだった…!彼は今までの態度とは一変、甘く疼くクリストファーの身体を酷く蹂躙する。薄暗い囚われの部屋で、毎夜嬲られ、喘がされていく。恥辱に染まる美麗な肌。…このまま、裏切りの従僕が与える快楽に堕ちていってしまうのか―。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 〜楓花〜 さん

    前に読んだ「神父は夜の花嫁」が結構好みな話だったので同シリーズということで手にとってみたのですが…うん、好みじゃなかった(´・ω・`)序盤の印象から女王様受けを期待してしまったのですが違うし!クリストファーにとって嫌な過去だって分かっているはずなのに、ヴァンの心情の中でそれを把握していないような独白?場面に違和感。

  • りんご☆ さん

    読了

  • あざね さん

    ビックリするほど面白くない!某黒○事のような冒頭からいきなり下克上エロタイムが始まり、最後は唐突にハッピーエンドとわけがわからない。あと受けが不憫すぎるのと攻めが自分勝手なのが気に入らない。

  • LIV さん

    うーん、どうも話の流れがスムーズでないので読みにくい。書いてる途中で初期プロットを無視して膨らんだ妄想をそのまま書いちゃったという感じでしょうか。前2作は面白かったのになあ。

  • sabato さん

    前半は、なんか典型的な主人(受)×有能執事(攻)系かとぼや〜っと読んでいたが、途中から、いや、なんだろうむしろ突然鬼畜系にww意味不すぎる。ちょっと作者の「エロが先に浮かんで、無理やりストーリー考えました。エヘ('∀`)ペロ」みたいな流れとしか思えんwwwどんなけいたぶねんwが、ここはBL。。それでも最後はハッピーエンドという謎のオチ。まじ勘弁ww

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

あすま理彩

3月9日生まれ。千葉県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品