バッテリー 教育画劇の創作文学

あさのあつこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784876925810
ISBN 10 : 487692581X
フォーマット
出版社
発行年月
1996年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,243p

内容詳細

巧と豪。ふたりは出会い、バッテリーを組む。最高に熱い物語。誇り高き少年たちを描く人気シリーズ。〈受賞情報〉野間児童文芸賞(第35回),小学館児童出版文化賞(第54回)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あかは さん

    映画がよかったので。皆中学前とは思えないほど、考え方がしっかりしてるのにびっくりした。でも、多分、一番もろいのは実は巧だろうな。腕はいいけど。虚勢はって頑張って頑張って、自分を保っているように見える。だから、豪みたいなのが、側にいるといいのかもしれない。青波も素直で一生懸命。何も一番にならなくてもいい。楽しい野球が出来ればいい。続きが楽しみです。

  • (can´﹀`*)/ さん

    類い希なピッチャーとしての技術を持ち、真っ直ぐで頑固な巧。自信満々恐るべしだけど、そのための努力もいとすごし。途中まで高校野球のお話と思っていたけど…うっかり、中学入学前ではないですか(°Д°)孤高の人になりそうなところ、豪という懐も体もデカイ女房役に出会い、弱くて守るべきと思っていた弟・青波に刺激され(巧のプライドが許さなそうだけど)巧に変化が訪れそうな終わり方でした。巧が「野球っていうのは、ひとりじゃできん」と思える日が来るのか…シリーズ追いかけていこー♪

  • ソラ さん

    主人公の巧の、野球の才能があるからこその自信と強気な態度、傲慢さ。でも素直になれなかったり、余計なことを言ってしまったり、泣いてしまったり、そんな普通の人間らしい姿がいいと思いました。巧が豪や新たな仲間と出会い、家族と交流する中で、少しずつ成長していく様子がよかったです。巧のセリフの“野球って、させてもらうもんじゃなくて、するもんですよ。”が印象に残りました。勉強でも部活でも、そういう気持ちでやらなきゃいけないなと改めて思いました。

  • april-cat さん

    野球モノが苦手で、ずっと積読状態だったのを解消しました。キレッキレの巧がいいなぁ。この年頃のイライラする感じもとてもよく理解できる。豪くんと出会えたのはホントに良かった。とはいえ1巻だけではまだまだ話は緒に就いたばかり。あさのさんたら、ほんとに次巻へのつなぎが上手いんだから、もうイケズ♡

  • ふーか✽Spica さん

    再読。 全巻読んでから一巻を読むと巧がまだ子供だな〜wって思う。 でも、巧の野球に対しての本気は変わってないね。 豪のあたたかさがすごい。 まだ楽しくやってたのかな。 青波だけが癒やし。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

あさのあつこ

1954年岡山県生まれ。青山学院大学文学部卒業。小学校講師をへて、1991年デビュー。『バッテリー』で野間児童文芸賞、『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、『バッテリー』シリーズで小学館児童出版文化賞、『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞。児童文学からヤングアダルト、現代小説、時代小説まで、ジャンル

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品