ほたる館物語 1 カラフル文庫

あさのあつこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784902314328
ISBN 10 : 4902314320
フォーマット
出版社
発行年月
2004年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,159p

内容詳細

ほたる館は山間の温泉町・湯里の老舗旅館。その女将の孫娘で小学5年生の一子は、毎日、明るく元気に暮らしている。ある日、湯里にいわくありげな女性の一人客が現れて…。著者デビュー作シリーズ、待望の文庫化。

【著者紹介】
あさのあつこ : 1954年岡山県に生まれる。青山学院大学卒。日本児童文学者協会会員。「季節風」同人。『バッテリー』(教育画劇)で野間児童文学賞、『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっちっち さん

    ムスメが学校の図書室で借りてきました(^-^)あさのさんのデビュー作のようですね。温泉町の老舗旅館「ほたる館」の孫娘一子と、家族や友人、ほたる館をめぐる人々との心温まる交流を描いた物語です。ホッコリしました♪ 続きも借りてきてもらわないと(笑)

  • バニラ風味♪柏葉幸子さん読書会参加中♪ さん

    あさのあつこさんのデビュー作。旅館「ほたる館」の娘、一子(小学5年生)が主人公。ほたる館の宿泊客や、一子の友達をめぐる読みやすく、さわやかなストーリー。私の友人の実家(新潟)は、元旅館だったらしいんだけど、そのあたりは昔、初夏になると蛍がいっぱい飛んでて、とってもキレイだったそうな。その友人にとって懐かしい実家の思い出と共に、蛍は特別、思い入れのある虫なんだって。読んでてそんなことを思い出しました。蛍のように、ぽっと心あたたまる光のような旅館、それが、この作品の舞台・ほたる館です。

  • 雛 さん

    勤務校で見つけた本。あさのあつこさん、初読みですが関西弁がえぇかんじ。すんなり入ってきました。デビュー作だったんですね。厳しくも愛のある祖母がステキ。一子のハッキリもの言うところも憧れるなぁ。大人でも楽しめる作品だと思います。

  • しのさん さん

    著者のデビュー作。大阪郊外の小さな温泉宿の娘一子の周りに起こる様々な出来事。それを通して見えてくる様々な人間模様。

  • ゆきだるま さん

    一子の、雪美に対するイライラ感がすごくわかる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

あさのあつこ

1954年岡山県生まれ。青山学院大学文学部卒業。小学校講師を経て、91年に作家デビュー。『バッテリー』で野間児童文芸賞、『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、『バッテリー1〜6』で小学館児童出版文化賞を受賞。2011年、『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載さ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品