「中央公論」編集部

人物・団体ページへ

論争・中流崩壊 中公新書ラクレ

「中央公論」編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784121500014
ISBN 10 : 4121500016
フォーマット
出版社
発行年月
2001年03月
日本
追加情報
:
18cm,287p

内容詳細

日本は「階級社会」になったのか。それは日本人を幸福にするのか。主要な論文を網羅収録し、論争の構図を詳解。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓@勉強中 さん

    上流と下流の差がなくなっている(〜流というこの意味での言葉は好きな表現ではないが)とか、若年層の所得が減っているなどの指摘は納得できる。社会の構成年齢が変われば、経済も変わる。

  • もっち さん

    盛山和夫「中流崩壊は『物語』にすぎない」

  • T-山岡 さん

    いわゆる格差社会論ではあるが、2000年前後の橘木・大竹論争や、佐藤俊樹「不平等社会日本」を巡る話題が中心で、「ワーキングプア」や「ブラック企業問題」といった近年のトレンドを念頭に置いて読むと、少し勝手が違うかもしれない。そういう意味では、この十数年の間での格差社会論の変容を感じられて興味深い。

  • numainu さん

    評価B

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品