DVD 輸入盤

『アイーダ』全曲 ロンコーニ演出、マゼール&スカラ座、キアーラ、パヴァロッティ、他(1985 ステレオ)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
109086
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明


ヴェルディ:『アイーダ』全曲
キアーラ、パヴァロッティ、ディミトローヴァ、ギャウロフ、ポンス
マゼール&ミラノ・スカラ座、ロンコーニ演出


エジプトを舞台とした壮大なオペラ『アイーダ』は、1871年にカイロで初演後、世界中で人気となり、現代でもヴェルディ屈指の名作として人々に愛され続けています。
 この1985年のスカラ座ライヴは、当時大評判となった上演で、日本でもNHKで放映され人々の心を熱くさせたものです。輝く美声が魅力のパヴァロッティのラダメス、強靭な声を持つキアーラのアイーダとディミトローヴァのアムネリスなどキャストも万全。マゼールによる大きくうねる音楽も魅力的です。ロンコーニの細かいところにも手が届くような演出も素晴らしく、一度は見ておきたい伝説の『アイーダ』です。(Arthaus Musik)

【収録情報】
● ヴェルディ:歌劇『アイーダ』全曲


 アイーダ/マリア・キアーラ(ソプラノ)
 ラダメス/ルチアーノ・パヴァロッティ(テノール)
 アムネリス/ゲーナ・ディミトローヴァ(メゾ・ソプラノ)
 アモナズロ/フアン・ポンス(バリトン)
 ランフィス/ニコライ・ギャウロフ(バス)
 エジプト王/パータ・ブルチュラーゼ(バス)、他
 ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
 ロリン・マゼール(指揮)

 演出:ルカ・ロンコーニ

 収録時期:1985年12月
 収録場所:ミラノ、スカラ座(ライヴ)

 収録時間:160分
 画面:カラー、4:3
 音声:PCMステレオ、ドルビーデジタル・ステレオ
 字幕:英、独、仏、西、蘭
 NTSC
 Region All

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
昔TVで見た時は大仰な舞台装置と煌びやかな...

投稿日:2015/12/21 (月)

昔TVで見た時は大仰な舞台装置と煌びやかな衣装に若干の違和感を覚えたが、今見直すとなかなかいい演出に感じる。装置や衣装も強大なファラオの権力の象徴と考えれば納得できる。キアーラは当時最高のアイーダ歌いでベロナの映像でも同役を歌っているがいずれも好演。必ずしも声は役に向いているとは言えないパバロッティだが、歌や表情にはなかなかこまやかな表現が感じられ好感が持てる。ディミトローヴァも迫力十分で、確かカプッチッリのピンチヒッターだったポンスも力強い声で存在感がある。国王やランフィスにも当時の最高歌手を揃えたキャストはさすがスカラ座である。マゼールのダイナミックな指揮が曲にマッチしてこの作品の映像としては第一に推せるものだろう。

Ochs さん | 神奈川県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品