CD 輸入盤

バッハ・トランスクライブド(シャコンヌ、ピアノ協奏曲第1番、他) グリモー、ドイツ・カンマーフィル(限定盤)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4776248
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

グリモー/バッハ・トランスクライブド
初回限定盤「八面デジパック仕様」

グリモー初のバッハ録音! グリモー初となるバッハ録音は、彼女の個性的なコンセプトのアルバムをお届けします。
 「"Pure" vs."Transformed"」というコンセプトで、「オリジナルの鍵盤作品(Pure)」と「ピアニストとしても活躍した著名な作曲家たちがバッハ作品に捧げた編曲(Transformed)」を収めたラインナップ。グリモーの神がかり的な閃きによって、現代の新しいバッハ像の提示に成功した新しい名盤の誕生です。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
J.S.バッハ:
・平均律クラヴィーア曲集第1巻BWV.846〜869より
・平均律クラヴィーア曲集第2巻BWV.870〜893より
・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調BWV.1006よりプレリュード(ラフマニノフ編)
・平均律クラヴィーア曲集第2巻BWV.870〜893より前奏曲とフーガ イ短調BWV.543(リスト編)
・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調 BWV1004よりシャコンヌ ニ短調(ブゾーニ編)
・ピアノ協奏曲第1番ニ短調BWV.1052
 エレーヌ・グリモー(ピアノ)
 ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン

 録音時期:2008年8月
 録音場所:ベルリン、フンクハウスナレーパシュトラーセ、ザール1
 録音方式:デジタル[96kHz 24Bit](セッション)
 プロデューサー:ウーテ・ファスケ
 エンジニア:シュテファン・フロック

収録曲   

  • 01. レビューに記載

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 これをバッハ選集というにはちょっと抵抗...

投稿日:2010/08/12 (木)

 これをバッハ選集というにはちょっと抵抗がある。でもそれを言うのは野暮というものだろう。あくまでグリモーが自分で演奏したい曲をならべたものだ。聴いていて、グリモーが何を言いたいか、わかる気がするところもある。全体に主張の強い演奏だが、成功しているところでは他の演奏にはない独特の雰囲気に飲み込まれる。

おっさん さん | 神奈川県 | 不明

2
★
★
★
★
★
バッハが好きでない人も、楽しく聴けるアル...

投稿日:2009/07/16 (木)

バッハが好きでない人も、楽しく聴けるアルバムだと思います。チェンバロでなければどうだとか、編曲だからとかそんなことはどうでもよくなります。何を弾いてもグリモーはグリモーですね。

fmk さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
やや残響の多い録音が曲の雰囲気に合ってい...

投稿日:2009/07/07 (火)

やや残響の多い録音が曲の雰囲気に合っている。 特にBWV543の前奏曲とフーガが印象に残る。 今までのバッハとは違った感じのバッハ...

ペチカのピッピ さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト