トップ > My ページ > 小鳥遊司 さんのレビュー一覧

小鳥遊司 さんのレビュー一覧 登録

検索結果:67件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/09/17

    普段、こういうジャンルの音楽は、敬遠気味なんだけど、一聴、声に魅せられた。澄んでいて、よく歌えているな、と。

    曲も聴けば聴く程好もしく感じられて来る。歌詞から導かれたメロディーが、ちゃんとした一つの音楽作品として昇華されてる印象。

    ちょっと恥ずかしい位にストレートな音楽世界だけど、それを等身大でやっていて、しかも、声質も好いし、(ちょっと声量に弱さはあるかも知れないけど)、技術もしっかりしているから、聴いてみて損はないと思う。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/08/07

    素晴らしい。僕は、この組み合わせじゃあ、ウィーン・フィルらしさってものは消滅してしまうんじゃないのかね、と思っていたのだけど、寧ろ、どこもかしこもウィーン・フィルの音だなぁ、と感心した。○っても鯛かな(笑) 98番で、チェンバロが頭からちゃんといるのも偉い。曲目も指揮者の選抜も、ちょっと纏まりにかけるけど、ハイクオリティーという凄い纏まりがあり、秀逸なボックスでした。聴いて良かった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/03/22

    ベートーヴェンのこの手の作品を未だ聴いた事がなければ、価格との相乗効果で買って損はないとは思う。しかし、もっと素晴らしい録音が既に幾つもあるから、通人には全く受けないだろうなとも思った。飽く迄、価格相応のアイテム。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/10/10

    晩年のマークらしいモーツァルト。ただ、他の録音に比べると錬度が低いかも。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/10/10

    専門家、或いは相当の好事家の耳にどう聴こえるかは分からないが、各人が感じきっているのがありありと伝わって来る演奏だから、素人が聴くには寧ろこの位いの演奏の方が好ましいと思った。音楽に感動を求める向きにお勧め。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/10/09

    独奏も伴奏も今一つ。これと言った魅力がなく、敢えて聴くには及ばない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/10/03

    この復刻盤は未聴であるが、かつて三枚を一組として二組計六枚が発売された時の輸入盤を愛聴している。だから、今回の中途半端な曲数に不満がある。演奏は僕にとっては最高のモーツァルト。たってカサドシュが弾いているんですよ、悪かろう筈がない(笑)

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/10/03

    確かに素晴らしい復刻盤。ランドフスカの録音は色んな復刻盤を聴いたけども、私もこれが最上だと思う。演奏に就いては今更だろう。女史の演奏は何時でも高雅でありなが何処か挑発的だ。如何なる批判にも屈せずに飽くまで己が信念を貫き通す逞しさ、それはこの録音からもひしひしと伝わって来る。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/10/03

    これ、リマスター成功していると言えるかなぁ? 演奏は今更言うまでもないマークの代表盤。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/10/03

    録音レベルはまぁ何時もの通り。演奏は類稀に見るハイレベル。集録された作品の殆どが同曲ベストワンを狙う出来だ。特に、ヴィオラ・トリオは世紀の名演奏。幾度となく聴き返してしまった。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/10/03

    万人受けするかは分からないけれども、これは本当に素晴らしい演奏だと思う。僕はチッコリーニには多少偏見があったのだけれども、この全集によって今更ながらベートーヴェンのピアノ・ソナタの素晴らしさに感激してしまった次第。特に初期ソナタでのセンスの良さが抜群だ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/10/03

    リルのベートーヴェンはウェラーとの全集も聴いてみたが、何れも凄すぎるテクニックとクリスタルの様に透明な音楽造りが相まって、完成度の高さは絶望的な程の高みにある。ピアノ学習者がこれを聴いたらきっと挫折する事だろう。が、僕には余りにも冷たく無機質に感じられてとても馴染めない演奏であった。如何にも詰まらない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/10/03

    個人的にはかなり厳しい演奏に感じたが、それは多分、コンツェルトハウス、ハンガリー、ホイトリング、ゲヴァントハウスといった団体の演奏でこれ等の作品に慣れ親しんで来た故なのだろう。15番カルテットが特に印象深い。こんなに凄い曲だったとは……。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/10/03

    正直に言うとピアノフォルテの音の貧弱さが気になるのだけれども、オーケストラのアンサンブルのあり方が凄く肌に合うので、モーツァルトのコンチェルトはこの全集で聴く事が圧倒的に多くなりそうだ。緊張感にはやや不足するものの普段着のアマデスウと言った趣きが却って僕には好もしかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/08/15

    最近は、激安盤にもクオリティの高い物が少なからずあるが、残念ながらこのクリップスの全集は、それには該当しない。
    とは言っても演奏は最高だ。問題は復刻状況の方で、正に安かろう悪かろうである。
    確かに、曲によっては聴けない事もないが、音があちらこちらで歪んでしまっているのは致命傷だろう。実に残念な復刻盤であった。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:67件中1件から15件まで表示