トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ワーグナー(1813-1883)

ワーグナー(1813-1883)

CD ジークフリート牧歌、『トリスタンとイゾルデ』前奏曲、愛の死、ほか カラヤン&ウィーン・フィル、ノーマン

ジークフリート牧歌、『トリスタンとイゾルデ』前奏曲、愛の死、ほか カラヤン&ウィーン・フィル、ノーマン

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:14件中1件から14件まで表示

  • ★★★★★ 

    ルシータ  |  東京都  |  不明  |  2018年02月14日

    精緻で大変美しい演奏です。録音も素晴らしいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    古渡 弁蔵  |  北海道  |  不明  |  2013年10月28日

    何か音の抜けが悪いと思う。タンホイザーも金管の力強さが伝わってこない。ショルティ&ウィーン・フィル盤を聴いているせいか、物足りない。これは期待はずれだった。ジークフリート牧歌は長くて飽きてしまう。くどい。曲そのものが好きではない。でも、ノーマンはすばらしい。これだけはよく聴いている。最大の賛辞を送ります。星六つです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    うーつん  |  東京都  |  不明  |  2013年07月24日

     冒頭の「タンホイザー」序曲から安心して聴けるのが嬉しい。どっしりと鳴らして、歌うところは目いっぱい歌う。強弱早遅の表情をつけすぎて繊細だが「ワーグナーはこんなに細くないでしょ」とがっかりすることもない。タンホイザーで沸き立った興奮を「ジークフリート牧歌」で少し落ち着けて、いよいよ「トリスタンとイゾルデ」。J.ノーマンの芳醇かつ濃厚な歌声があの大きいザルツブルク祝祭大劇場に響き渡るのだからたまらない。「イゾルデ姫」というより「巫女」と呼びたくなるような神々しいイゾルデの愛の死にしびれる1枚だ。ノーマンがカラヤン&VPOとがっぷり四つに組んだこの好取組、ぜひいろいろな方にも聴いていただきたい。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    eroicka  |  不明  |  不明  |  2013年05月04日

    カラヤンのワーグナーといえばEMIへの管弦楽曲や歌劇楽劇の全曲が代表的だが、この晩年の異色のライヴには、大学生時代だったかただただ圧倒された思い出がある。響きの耽美性やスタイリシッュさは薄れたが、独特の進化をとげ、凄みが感じられるほど濃縮されたカラヤン美学が詰まった1枚だ。ウィーンフィルらしさが薄れだした頃の録音ではあるが、ベルリンフィルと違った響きがカラヤンの晩年の境地を演出している。こうした超名盤を毎月のように楽しめたあのころはクラシック音楽の黄金時代だったのかも知れない。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    karajan fan  |  北海道  |  不明  |  2011年10月05日

    本当に素晴らしい!! その一言! カラヤンのキャスティング、選曲、そして構成力。 この1枚のアルバム、一夜の演奏会のプログラムにカラヤンの芸術性が如実に表れている。 VPO、ノーマン、ワーグナー、どれが欠けてもいけません!! 未聴の方は是非とも聴いて下さい!

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    アッキ  |  茨城県  |  不明  |  2009年11月11日

    異質な選曲だが、それが結果としてとてもすばらしい。タンホイザーの熱演 ジークフリートの牧歌は間奏曲役割そしてノーマンを起用してのトリスタンとイゾルデ 通して聴くことで感動が大きくなる。 この3曲に9時間のリハーサルがとられたというから、カラヤンがこのコンサートにかけた意気込みの記録とも言える。もはやこの世の宝と思えるCDです。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Kaori  |  長野県  |  不明  |  2009年09月25日

    これは凄い!こんなに凄いならばもっと曲数を多く録音してほしかった。ウィーン・フィルのビロードのような音色がここまで凝縮され閉じ込められたCDもそうそうあるものではないだろうし、ノーマンの声には脱帽。カラヤン晩年の畢竟の名作だと痛感する。買ってよかったと久々に思わせてくれた一枚。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    masato  |  新潟県  |  不明  |  2009年06月13日

    数少ない恍惚となってしまう演奏の一つです。いつも、時が経つのも忘れ、忘我状態で聴き終えます。ブルックナーの7番,8番を含め,カラヤン晩年の演奏は、私の音楽鑑賞人生の宝です。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    トム  |  仙台市  |  不明  |  2009年02月12日

    素晴らしいライブではあるが、70年代のベルリンフィル(EMI、ジークフリート牧歌はDG)の演奏と比較すると、どうしても聞き劣りする。ウィーンフィルの柔らかく暖かい音色はいいのだが、ベルリンフィルの浮世離れした合奏力と崇高な音作りには及ばない。 でも、カラヤン流ワーグナーの魅力がはち切れんばかりに溢れていて、その素晴らしさは十分に堪能できる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    としちゃん  |  宮城  |  不明  |  2008年10月29日

    本当にいい音。こんなライヴを成し遂げる人を、一流と言わずなんと言いましょう。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Circus  |  笠間市  |  不明  |  2008年10月09日

    このタンホイザー序曲を聴いてしまったら、他の人の演奏が物足りなく感じてしまう。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    karzy  |  tokyo  |  不明  |  2008年05月31日

    輸入盤の安いのを買ったら音飛びした。タンホイザー序曲の中程のところでだ。国内盤を買うことをお勧めする。 すごい演奏だ。カラヤンはEMIでワーグナー集が出ているが、こっちのウィーンフィルライブには敵わない。 曲目も版もスタイルも違うから比べるのもナンセンスかもしれないが。 曲数が少なくてちょっと残念。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    Pianist  |  Tokyo  |  不明  |  2007年08月16日

    ほぼ同時期のBPOとのスタジオ録音と比べればはるかに優れた演奏であると思う。十分に練り上げられ、また実演ならではの感興あふれる高揚感が音楽の魅力を引き立たせているが、「トリスタン」などはいささか耽美的に走りすぎ、ねっとりとドビュッシーのように音の色彩の移ろいを聞かせる半面、徐々に押し寄せるクラマックスの構築は弱くなった。ノーマンのイゾルデは期待ほどではない。メダマ的な取り合わせで話題になったようだが、巨頭どうしの顔合わせというイヴェント上の域。クライバー盤のM.プライスの方がよほど新鮮で素晴らしかった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    安曇野のカラヤン  |  長野県安曇野市  |  不明  |  2007年01月03日

    タンホイザー「序曲」としては最高峰の演奏。テンポやピアニシモの弦楽器のハーモニー、トロンボーンの響きなど私にとっては理想的な演奏。以前「カラヤンインザルツブルグ」というビデオでリハーサル風景が出ていたが、トロンボーンは6本で吹いていたと思う。他の2曲もウイーンフィルの持つ魅力を最大限に引き出したものだが、特に「愛と死」はノーマンの歌唱を見事に演出している。このCDは何回聴いたか分からない名盤の一枚である。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:14件中1件から14件まで表示