トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ブラームス(1833-1897)

ブラームス(1833-1897)

SACD 交響曲全集(1977-78)、管弦楽曲集(1978,1964) ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル(2SACD)(シングルレイヤー)

交響曲全集(1977-78)、管弦楽曲集(1978,1964) ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル(2SACD)(シングルレイヤー)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    ym  |  東京都  |  不明  |  2014年10月28日

    ほかカラヤンの1番はレガート過剰で切れ味にかけ重々しすぎる気もするが、この演奏はノリがよく金管や打楽器のリズムがアクセントとしてよくきいており、一番このみ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    eroicka  |  不明  |  不明  |  2013年01月21日

    我々が知るカラヤンのイメージが最も具現化された演奏だ。演奏については2CDシリーズに書き込んだので詳しい話は省くが、80年代のデジタル録音と同様、いかにもカラヤン的演奏だ。覇気やエネルギー、若々しさは60年代以前に求めるべきだが、後年の録音はカラヤンの様式美に酔えるかが、好悪を分かつではあろう。音質もアナログ時代末期のDGサウンドで全体の響きと個々の楽器の定位感のバランスがよく、フィルハーモニーの長いホールトーンも適度に入り心地よい。ハイドンの主題の変奏曲が60年代のものを使っているので、2枚組と違うメリットは悲劇的序曲が入っていることぐらいだろうから、BOXの美麗さを好まなければ、2枚組の方が良いかも知れない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示