トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ベートーヴェン(1770-1827)

ベートーヴェン(1770-1827)

SACD ヴァイオリン・ソナタ全集 ダヴィド・オイストラフ、レフ・オボーリン(3SACD)(シングルレイヤー)

ヴァイオリン・ソナタ全集 ダヴィド・オイストラフ、レフ・オボーリン(3SACD)(シングルレイヤー)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (6 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (2 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:8件中1件から8件まで表示

  • ★★★★★ 

    尾崎豊ファン  |  山形県  |  不明  |  2011年04月22日

    私の持っているCDの中では、オイストラフ&オボーリンがもっとも好きな演奏です。ここでのオイストラフは、決して細かなニュアンスとか多彩な音色を縦横させるような演奏ではありませんが、全10曲、作品を巨視的な視点から堅牢に作り上げることで、曲の良さとうまくブレンドした感じ。結果、多くの人がベートーヴェンに求める「大作曲家の偉大な作品」というイメージに合致したように思えます。ピアノのオボーリンは、彼の他のCDを聴く限り、この演奏が一世一代の名演奏だったようです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    充介  |  東京都  |  不明  |  2010年10月11日

    LにヴァイオリンRにピアノと明瞭な録音。1番2楽章冒頭など音像定位の乱れもあるが全体として録音に不満はない。普及クラスのヘッドフォンでは確かにヴァイオリンの音が貧弱に聴こえるが、中級(総額約30万円)以上のステレオ装置ではそれなりに美しく聴こえる。特筆すべきはオボーリンのピアノ。第一回ショパンコンクール優勝者の名に恥じない寸分の隙も見せない驚くべき名演。伴奏ピアニストとの水準の違いを見せつける。全曲通じてオボーリンが主導権を握っている。オイストラフもオボーリンとの息をぴたりと合わせている。他に録音の少ないオボーリンの真価を伝える貴重な録音。もっとも「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」なのだからピアノがヘボでは話にならないわけで。入手して決して損はありません。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    TAK  |  柏市  |  不明  |  2007年02月17日

    はまぐり五文さんも言っていますが、本当につまらないですね。本来オイトラフは好きな演奏家ですが、この演奏にはベートーヴェンの一途さも緊張感もない。世評では高い評価を得ていますが、皆さん本当にいいと思っています?しかもこのCDはヴァイオリンとピアノのバランスも悪い。要すればもっといい演奏が他に沢山あるということです。

    10人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    KM  |  Hakata  |  不明  |  2006年08月10日

    デュメイ/ピリス以外はほとんど持ってるけど、これがベストです。シゲティ、シュナイダーハン、スターン、シェリング、クレーメル、ムター。あとバラでグリュミオー/ハスキル、メニューイン/グールドなど聴きましたが、やはりオイストラフのこの盤がベスト。これに勝る盤、あれば教えて下さい。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    sf  |  福島県郡山市  |  不明  |  2006年07月15日

    透明な質感、それでいて3次元空間をかもし出す音質。最高ですね。バイオリンが主役から脇役、脇役から主役と、変幻自在に変化していく有様は圧巻としか言いようが無い!

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    はまぐり五文  |  京都市  |  不明  |  2006年02月28日

    うーん、つまらない(笑)。なんでこんな演奏になってしまったのか?? たしかにアダージョの叙情には美しいものがある、しかし速度が変化するとき、その落差をこれほど抑制して演奏せねばならないのだろうか? 狙っている事が分からない。奇を衒っているようにさえ聞こえる。私はオイストラフは嫌いではないけれど、この録音はいらない。もし最初にこれを買ってたら危うくオイストラフを誤解していただろう。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    布留弁太郎  |  東江戸川三丁目  |  不明  |  2005年09月20日

    40年くらい前の収録なんで、録音のコンディションは些か良くない。が、オイストラフの奏でるヴァイオリンの音色が心地よいので、個人的に買って正解だった。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TAK  |  柏市  |  不明  |  2001年06月19日

    この演奏は、これまで既にLP、CDで聴いていましたが、今回改めて聴いてみるとやはり素晴らしいとしか言いようがない。オイストラッフは結局20世紀後半の最大のヴァイオリニストということになる。彼の包容力のある(一見大雑把だが本当は違う)演奏の前には他の演奏者は影

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:8件中1件から8件まで表示