トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > モーツァルト(1756-1791) > 歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全曲 カラヤン&ウィーン・フィル

モーツァルト(1756-1791)

DVD 歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全曲 カラヤン&ウィーン・フィル

歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全曲 カラヤン&ウィーン・フィル

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:11件中1件から11件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    燕の巣  |  静岡  |  不明  |  2008年12月07日

    LDのようにひっくり返す二層式DVDは初めてですが、非常に不便です・・・。 8千円台と高価な国内盤と較べても明らかに画質は落ちます。VHSに喩えれば、3倍モードの酷い画質。国内盤にはイタリア語の字幕がないので、敢えて安価な輸入盤も購入。内容は悪くないのですが、画質が安かろう悪かろうなのは残念。87年のムーティ盤の画質も酷かったが、フィルム撮りの54年のフルトヴェングラー盤に、中身も画質も完全に負けてます・・・。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    越後のガンコチャン  |  新潟  |  不明  |  2008年09月06日

    中身は素晴らしいです。しかし、コピー技術がいい加減なのでしょうか、画像には不満です。もっと良い版の出現を期待しています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    noff  |  東京  |  不明  |  2008年07月13日

    豪華な歌手陣をはじめ演奏には満足できるが、とにかく音質が悪すぎる!収録時のマイクの設定に問題があるのか音量の大きい際に頻繁に聴こえてくるビリビリとつぶれた音にうんざりしてくる。まあ価格が価格だけにYoutubeでの視聴に比べたらというふうに考え方を切り替えられれば結構お買い得なのかも。エルヴィーラ役のヴァラディも悪くないが、CDでは同役を歌っていたバルツァがカラヤンと喧嘩してこの公演に参加していないのが惜しまれる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ito  |  横浜  |  不明  |  2008年03月04日

    カラヤンの「ドン・ジョヴァンニ」は、やはりザルツの69年盤が最高だと思うが(それに匹敵する演奏はそうは見あたらない。)、当盤は何と言っても歌手陣が素晴らしい。トモワ=シントウを筆頭にヴァラディ、バトルなど女声陣が特に良い。男声ではフルラネットのレポレッロが、以後、彼の当たり役になるだけあって良い出来だ。それに加えてこの値段。DVD2枚(1枚で両面)で2000円しない。買わなきゃ損でしょ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    yachi  |  埼玉県  |  不明  |  2007年08月18日

    どちらかといえば蒸留水のようなカラヤンの演奏は好きではないのだが、この公演には凄みがあるように思える。やはりウィーンフィルとの共演には自然と緊張感が漂うのだろうか。とにかくこの演奏は好きである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    ヨッシー  |  神奈川  |  不明  |  2007年01月20日

    音楽は素晴らしいが、演出がなんとも頂けません。本当にオーケストラも歌手もまさに超一流です。ユリアバラディーのドンナ・エルヴィラは絶品です。でもね、凡庸な演出にはがっかりです。CDだったら「最高」とつけたでしょうね。しかし、この値段でオペラを映像で見られるなんて、かけがえのない機会です。お見逃しなく。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    両方のファン  |  大阪  |  不明  |  2006年05月27日

    英語、フランス語、ドイツ語の字幕付き。比較するのは、適切ではないかもしれないが、韓流商品の日本販売価格と比較すると、、、どうしてなんだ?「神様」のばちが当たりそうである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    クラシック暦30年  |  愛知県  |  不明  |  2006年03月18日

    歌唱陣の声の響きも凄いけれど、演技力も大した物ですね。特に目を引いたのは、エルビラ役のジュリア・バラデイが『愛情と憎悪』の間で、激しく揺れる女心を巧みに醸し出している事。それをもて遊ぶレイミ−の憎たらしい、ふてぶてしい笑顔と悪役ぶりには感心します。『歌』と劇』の見事な融合。そしてスト−リ−が判り易いのが特徴です。カラヤンは、やはりオペラの職人。日本映画をかなり研究したのでは??。この『ドン・ジョバンニ』、モ−ツアルト・イヤ−で再び脚光を浴びる事を期待します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    たか  |  東京  |  不明  |  2005年10月29日

    両面DVDで1枚に収まっているので超お買い得。晩年のカラヤン(だいたい82〜83年以降)はいろいろ言われますがこの演奏はなかなか生き生きしています。やっぱりオペラはウイーンフィルの方がベルリンフィルよりも上手いと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    FAB4  |  福井県  |  不明  |  2005年09月29日

    今秋来日の大野和士〜モネ劇場『ドン・ジョヴァンニ』の予習のつもりで観た。『フィガロ』よりもっとスケールが大きく、善と悪、光と闇が交錯する内容を、音楽と芝居で間然する所が無く描きお見事。歌手陣では、レイミーが抜群で、あと脇ではあるがバトルが光る。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    嗚呼!!オペラの神様・カラヤン  |  東京都  |  不明  |  2005年01月24日

    カラヤンの『メリハリの無い無機質な美しさ』の象徴だった膨大な録音数のレコ−ド・CD。その中で生涯にたった 一度しか収録しなかった『ドン・ジョバンニ』、ミヒァエル・ハンぺと組んだ見事な舞台演出が光る。『殺人鬼とプレイボ−イ』の両面にサミエル・ラミ−が見事な悪役を演じている。騎士長の死からドンジョバンニの最後迄、1日 の時間の流れを『光線』の色と方向で演出するとは流石!!。傑出すべきはクライマックスの地獄へ落ちる場面、他の指揮者では到底真似が出来ないと思う

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:11件中1件から11件まで表示