トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ヴェルディ(1813-1901) > レクィエム ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団、バイエルン放送合唱団(2013ミュンヘン・ライヴ)(2CD)

ヴェルディ(1813-1901)

CD レクィエム ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団、バイエルン放送合唱団(2013ミュンヘン・ライヴ)(2CD)

レクィエム ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団、バイエルン放送合唱団(2013ミュンヘン・ライヴ)(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    ミシェル・スズキ  |  静岡県  |  不明  |  2015年02月08日

    ヴェルディのレクィエムは長らくカラヤンの演奏を聴き続けてきました。亡きあとはアーノンクール、ムーティ、バレンボイムなど魅力的な演奏もありましたが自分にとっては今一つという感じでした。というのはこの曲に関してはソリスト、合唱、オーケストラのそれぞれのバランスがうまくかみ合わないと全体としての感動が得られにくいのです。それぞれ部分的にソリストの魅力的歌唱など聴くべき点もありますが・・・。 今回のヤンソンスの演奏はソリストがうまく揃っていると感じます。発声も明瞭で録音も良く前半は素晴らしく聴きました。しかし、後半はどうしたことでしょう。ディスクのレベルも2dB位、低くなり演奏も何か覇気が無くなってきたと感じました。奏者の疲れなのか録音日の違いによるものなのか、よくわかりませんが聴き終えた後に何か不満を残す結果となりました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示