トップ > 音楽CD・DVD > クラシック

CD 渡辺範彦: Recitals 1976 & 1987

渡辺範彦: Recitals 1976 & 1987

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    町田のおやじ  |  東京都  |  不明  |  2018年04月03日

    40年前のNHK「ギターを弾こう」で初めて聴いた、渡辺範彦さんのヴァイスのファンタジーに感嘆したことを今でも強烈に覚えています。渡辺範彦さんの信者になってしまいました。 その後、若手ギター製作者のギター弾き比べという催しで、初めて目の前で渡辺範彦さんの演奏に触れることができました。タンスマンの舟唄の艶のある音色に驚き、家に帰って楽譜を手に入れ、弾いてみるも、渡辺範彦さんのような音にはなりません。当たり前ですね。(笑) その渡辺範彦さんが亡くなられたことを知ったのは、数年前のことです。 以前、銀座山野楽器で、渡辺範彦さんのパリコンでの演奏をCDにしたものを購入した時に、今回購入した、このCDもあったように思いますが、その時は、購入できませんでした。今回、やっとHMVさんが販売されていたので購入できました。 ヴァイスのファンタジーはもちろんですが、今回は、ヘンデルのサラマンドが目的です。 セゴビアの演奏でも感動はしますが、それ以上はない。渡辺範彦さんのこの演奏を聴いたら、涙が止まりません。何なんでしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    おっさん  |  神奈川県  |  不明  |  2013年05月26日

     現在に至るまで、日本人で渡辺範彦ほどの演奏力をもったギター奏者はいないのではないか。器用な奏者は数え切れないくらいいるが、彼の場合は恐ろしいほどの圧倒的な指の機能が、どこかギターの本質的な暖かい響きに貼り付いている。そこが、もしかすると彼の弱点であったのかもしれない。それにしても彼ほどの奏者が、晩年正当な評価を受けていたとは言えない点は悔やまれる。すぐれた後進を育てたことも忘れてはならない。それは彼の真摯で誠実な人間性の表れでもあったと言える。そうした思いもこめてこのCDを聴きたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示