Beatles

CD Beatles 1

Beatles 1

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:183件中1件から15件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    katsurin  |  千葉県  |  不明  |  2015年12月04日

    2015年盤。このリミックス盤をアナログで初めて聴きました。 私のように、UKオリジナルを聞き込んでいると、ミックスの違いに意外と感心したりするのですが、繰り返し聞くには退屈です。まぁ、企画ものとしてはアンソロジーの域の範囲内でしょうね。 いい加減、APPLEとユニバーサルの商法にうんざりです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    イクオ  |  静岡県  |  不明  |  2015年11月09日

    USBよりいい音を期待して買いました。 オリジナルの位相をいじったのか?ロックバンドとしてのビートルズの迫力がなくなった様な音です。 遠い昔沖縄土産で貰った LOVE ME DOのシングルレコードのNonコンプの音が耳に焼きついています。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    cavern  |  不明  |  不明  |  2013年08月28日

    ジョージが選曲し、曲順を決めた赤青が、ポップス史上、最高のベスト盤であることは、疑う余地がない。 このアルバムをベスト盤として聴くと、違和感がある。 1位をとった曲のアルバムとして聴くしかない。 もっとも、このアルバムを聴いて、全身に電流が流れるような衝撃を受けなかった人は、ビートルズ人生には縁がないと思う。 ビートルズの公式アルバムに星ひとつはあり得ないと思うので、星五つ。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    johnbach  |  東京都  |  不明  |  2013年05月29日

     アメリカとイギリスでNO1になったシングル曲を網羅したベスト盤という事だが、なぜビートルズを一躍トップスターにのし上げることになった名曲プリーズプリーズミーが抜けているのか。プリーズプリーズミーこそ、大成功のカギとなる最も重要な曲のひとつなのに、それを除くなんてまったく理解に苦しむ。ビートルズのバイオグラフィーにも、1963年3月22日にプリーズプリーズミーが初の全英NO1となると書かれている。1のライナーノートには、レコード・リテイラーの記録とあるが(わたしはこのレコード・リテイラーなるものは何も知らない)当時の他の有力誌でNO1になっているのだから外す理由にはならないだろう。少し大げさな言い方かも知れないが、このディスクはアルバムとしてはまさに画竜点睛を欠くだ。わたしはビギナーのベスト盤としては赤盤青盤をお勧めする。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    だいはや  |  神奈川県  |  不明  |  2013年03月02日

    アイムダウンやシーズアウーマンのリマスターも聴きたいなぁ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    mimi  |  兵庫県  |  不明  |  2012年10月18日

    ミュージック・ウィーク誌(英)かビルボード(米)のいずれかでNo.1をとったナンバーのみのコレクション。従って名曲でも入ってない場合がありますが、全体として非常にバランスのとれたベスト盤の一つであることは疑いありません。他でもないBeatlesなのですから、他のあらゆるアーティストとは次元が異なり、これ一つで充分なベスト盤など、永遠に不可能。それくらい、名曲にきりがないのです....。わずか7年間で彼らが、20世紀の社会と音楽を変えて行く姿が垣間見れるでしょう。名企画と思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    pekopapa  |  埼玉県  |  不明  |  2012年09月09日

    ALLTIMEのBEATLESのベストヒット集で安く、1枚で聴けるのは良いけど、赤盤と青盤を買うのがベスト。1の曲は全部入っているし、その他の名曲も沢山ある。別に、1を買うなと言っているわけではないが、赤盤・青盤を買った方が結果的にはお得だよ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    須莉玖 逸平  |  東京都  |  不明  |  2011年10月09日

    とにかく、残念なベスト。LP時代にも、一枚でお気軽にのベストはあったけれど。ナンバー・ワン楽曲収録ため、自分にとっては『Good Vibrations』ではなくて、20世紀最強シングルの片面『Strawberry Fields Forever』が入らないなんて。特別扱いしてもイイ楽曲だと思うけれど。勿論、このアルバムを聴いて、それでビートルズを終えようなんて、とんでもないコト。ベストならば、赤盤と青盤もあるし。それでも、やっぱりデジスリーブやブックレットに魅かれて、Capitol盤を一応複数購入。次世代のFAB FOURファン、ふりかえりのビートルズ・エイジの皆様、リマスター盤オリジナル・アルバムを揃えよう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    firststep  |  愛媛県  |  不明  |  2011年09月04日

    元々の「1」もリマスターされていたが、再リマスターでどれほど音が向上しているのか? しかも、2009年リマスターって、オリジナルアルバムのリマスター音源ってこと?? あれから2年経っているわけだから、再度リマスターしても良かったのでは!!! 元々の「1」を持っていて、オリジナルアルバムのリマスター盤もすべて持っている人はスルーしても大丈夫なのか????

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    アクセル・アイ  |  愛媛県  |  不明  |  2011年09月03日

    今年のEMIは、ピンク・フロイドの再発に命を懸けてるのか、よりによってビートルズの再発上、1番面白味のないアルバムの再発に出ましたね。 元がリマスターされてるのだから、あえて再び再発する必要ないと思うけど。出すとしたら「ロックン・ロール・ミュージック」「ラブ・ソングス」「ハリウッド・ボウル」まだCD化されてない米キャピトル(ブッチャー・カヴァーとか?)盤でしょう!!

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ROCKDOM  |  兵庫県  |  不明  |  2011年08月11日

    「Please Please Me」が、入っていない、こんな面白みのない低品質のベスト盤は買わずに、ビートルズのオリジナル・アルバムを全部集めましょう!!その方が、ビートルズの芸術性を堪能するにはベスト・チョイスで、芸術性の高い音楽を聴く上で非常に重要な事なのです!!

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    yossy-k  |  兵庫県  |  不明  |  2011年07月18日

    このアルバムでビートルズの全てがわかるわけではないし、選曲の基準がいまいち不透明(なぜか、イギリスで1位にならなかった”Love Me Do”が収録されているのに初めて1位になった”Please Please Me”が収録されていない)であるが、入門編としては最適な編集であったことは否めない。このアルバムを買う人に対しては、「これをきっかけにオリジナルアルバムを聴いて」と言いたい。私はというと、実は一時期愛聴盤であった。なんとなれば、シングル曲は殆ど網羅されておりしかも各曲とも一部を除いて名曲ぞろいだからだ。よく、特にジョンのファンから、”Strauberry Fields...”がないからダメだとか、”I am The Warlus”が入っていなからダメだとか言われますが、シングルヒット曲もビートルズのひとつの側面なのです。素直に耳を傾けてください。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    SunFlower  |  富山県  |  不明  |  2011年03月17日

    「THE BEATLESって何?」という人達に入門CDとしてぜひオススメです。これを買ってから、各アルバムを聴いていけばよい、と思います。また、英語の勉強にもなる思いますので、小学生にもオススメです!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    fumi  |  神奈川県  |  不明  |  2010年08月04日

     先ずはここから。とりあえず知っている曲が沢山入っているという安直な理由と1枚組みであること。  先ずは解説を読んでから…  ビートルズ世代では無いので闇雲に買っても良さが充分解からない可能性がある。  学校の音楽の時間で知った名曲が入っているのをとりあえず…

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    the_who  |  東京都  |  不明  |  2010年02月05日

    びっくり。HMVさんの「AR」のレヴューで「サムシングのギター・ソロはポールではなくジョージです。」とありましたが、ポールがソロを弾いたことはきちんと彼らを聴いて来た耳、あるいは彼等を探究してきたものには知られたことでプロデューサーのジョージ・マーティンも認めていることなのに・・・これもビートルズ神話なのでしょうか。とにもかくにも解散しても論議を生み出す力はすごいものだと改めて思いました。このCDはエッセンス的要素が含まれながらもビートルズというバンドの表と裏、世間の評価というものの落差をあらためて感じさせるもの。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:183件中1件から15件まで表示