激ロック×HMV&BOOKS online vol.59

2018年02月28日 (水) 12:00

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

ラウドロックのポータルサイト“激ロック”とのコラボコーナー。毎月レコメンドアーティストとアイテムをご紹介。

2月のレコメンド

全曲解説掲載中



7件中1-7件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • 激ロックレビュー
    梵唄 -bonbai-【初回限定盤】(+DVD)

    BRAHMAN

    ベストセラー

    価格(税込) :
    ¥3,980
    会員価格(税込) :
    ¥3,542
    発売日:
    2018年02月07日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥3,542

    [GENRE:PUNK ROCK, HARDCORE]
    バンドの5年間を生々しく映し出す待望のニュー・アルバム堂々完成
    5年ぶりの新作アルバム。映画“ブラフマン”主題歌「其限」、映画“あゝ、荒野”主題歌で細美武士が参加した「今夜」、映画“生きる街”主題歌でハナレグミ参加の「ナミノウタゲ」、「不倶戴天」など既発曲や、中川 敬(SOUL FLOWER UNION)と山口 洋(HEATWAVE)が参加した「満月の夕」のカバーと、必然的な交流を明確に刻んだ楽曲群。さらにここからのバンドの姿勢を示し、リスナーにも生き方を問うような1曲目の「真善美」、“BRAHMAN”というジャンルの怒濤の構成を聴かせる「AFTER-SENSATION」、中間部の厚いギター・アンサンブルに新鮮味を感じる「天馬空を行く」といった新曲群も加わり、この5年の彼らの実人生で感受したものを生々しく受け取ることができる1枚。
    石角 友香【ライター推薦】

  • 【Ko-Ou-Doku-Mai】

    KEMURI

    価格(税込) :
    ¥2,916
    発売日
    2018年02月07日

    [GENRE:PUNKROCK, SKA]
    命の賛美をテーマに掲げ孤往独邁を貫いた渾身作
    KEMURI、通算13枚目のフル・アルバム。1曲目の「I BEGIN」は、“Wow! Wow! Wow!”のシンガロングで始まり、“Let'sGo!”の叫びとハンドクラップで終わっていく、“俺たちのKEMURI”と言いたくなる巻き込み型のナンバー。でも、アルバム・タイトル“Ko-Ou-Doku-Mai”(孤往独邁)の意味は、周りや他人の動向に左右されず、自らの信じた生き方を突き進むこと。これらを重ね合わせると“個の意志が混じり合ったときの強さ”が浮かび上がってきて、KEMURIのこれまでの道のりも見えてくる。花嫁の父の心情を描いた異色のパーティー・チューン「FATHER OF THE BRIDE」(Track.3)、“未来は明るいだろ!”と日本語詞でまっすぐに歌う「MIRAI」(Track.4)など、幅広い曲調も人間臭くて素晴らしい。
    高橋 美穂【ライター推薦】

  • キョウダイゲンカ

    CATS EYE

    価格(税込) :
    ¥1,944
    発売日
    2018年02月07日

    [GENRE:MELODIC PUNK]
    まるで“キョウダイゲンカ”!?
    実の兄弟で作詞作曲を分け合った魅惑のパンク・ロック作完成

    “キョウダイゲンカ”とは実にインパクトのあるアルバム名だ。普通は付けないでしょ? と軽くツッコみたくなるが、それがバンド編成や作品内容を的確に表したものになっているので、至極納得した。今作で初めてRyo&Yuu兄弟でリード・ヴォーカル/作詞作曲を分け合い、それぞれの楽曲を交互に収録。そうすることでふたりのソングライターとしての色が明確になり、まるで兄弟喧嘩のごとくバトルしている感覚も味わえるのだ。ストレートなパンク・ロックを鳴らすRyoに対し、ひと癖もふた癖もある展開で引き込むYuuと、それぞれの個性が際立った曲調が自然と作品に幅を与えている。ツイン・ヴォーカルで掛け合うTrack.3「LEAD」、劇的なイントロを用いたTrack.6「4 LIFE」と佳曲揃い。
    荒金 良介【ライター推薦】

  • #5 【初回生産限定盤】(+DVD)

    凛として時雨

    ベストセラー

    価格(税込) :
    ¥4,212
    会員価格(税込) :
    ¥3,412
    発売日:
    2018年02月14日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥3,412

    [GENRE:ALTERNATIVE ROCK, POST ROCK]
    新たな挑戦を続ける時雨、洗練されたサウンド光る6thアルバム
    デビュー当時“サディスティック”と形容された激しさを求めているファンの間では賛否が割れるであろう、ある意味、洗練の追求はもはや凛として時雨の表現の軸となり、その軸においても彼らが新たなことに挑戦していることを、ダメ押しで印象づける6thアルバム。それが如実に表れたのが、「Ultra Overcorrection」などでの顕著なジャズ/フュージョンの咀嚼だろう。もともと、ダンサブルなビートを持ち味にしていた彼らの演奏はそれによって、さらに洗練に向かった印象もある。太くなったグルーヴは本作の大きな聴きどころだ。もちろん、プログレ・メタルな「EneMe」を始めとする轟音と激情もまた凛として時雨らしい。それらが残酷なまでに凍てついた世界観の中で、絶妙のバランスで同居している。
    山口 智男【ライター推薦】

  • peels off

    POLPO

    価格(税込) :
    ¥2,700
    発売日
    2018年01月24日

    [GENRE:POST ROCK, ALTERNATIVE]
    P.T.PのPABLOとZAXによる新ユニット誕生
    遊び心や情熱散りばめた味わい深い1枚完成

    Pay money To my PainのPABLO(Gt)とZAX(Dr)による新ユニットが爆誕! ということで、ファンは歓喜の嵐だろうけれど、もちろんこれはP.T.Pとはまったく別物。懐かしの90'sエモ・サウンドを感じさせる楽曲もあれば、ロックなんて普段聴かないようなテクニカルなフュージョン系の音楽マニアも“お!?”と思わせるような楽曲もあり、轟音を響かせる楽曲もあり、アンビエントなインスト曲もあり……音楽人としてのふたりのこだわりや遊び、情熱が飾らない純粋さでパッケージされている。とにかく、泣ける、ザワザワする、ワクワクする、癒される。ふたりの才能を丸のまま強火で炒めたのがP.T.Pだとしたら、こちらは出汁をとって弱火で長時間煮込んだような、通の味わい。沁みますよ。
    山本 真由【ライター推薦】

  • Nosferatu

    CDシングル

    Nosferatu

    KAMIJO

    価格(税込) :
    ¥1,620
    発売日
    2018年01月16日

    [GENRE:SYMPHONIC METAL]
    まるで“劇”そのもの――荘厳で流麗な音像とKAMIJOならではの詞世界で彩る力作
    劇的というより、むしろこれは劇そのものだ。この1年半ほどライヴでのみ披露されてきた表題曲「Nosferatu」は、昨年発表された『カストラート』、『mademoiselle』に続くKAMIJOの最新作。それぞれにモチーフとされているテーマこそ異なってはいるが、彼がソロ・ワークスの中で一貫して追求し続けているのは荘厳にして流麗な音像たちと、美と愛に対する徹底的且つ哲学的な詞世界にほかならない。なお、今作にはKAMIJOが率いるバンドVersaillesの日本武道館公演にて、重厚な合唱を披露したあのゴスペル・コーラス・グループ Be ChoirがREC参加することで、ひとつの楽曲を劇そのものの域まで彩ることに成功している。故に、3月に控えているというアルバムの仕上がりに向けても、期待は高まる一方だ。
    杉江 由紀【ライター推薦】

  • Descent With Modification

    GRAND FINALE

    価格(税込) :
    ¥2,700
    発売日
    2018年01月24日

    [GENRE:SYMPHONIC METAL, MELODIC SPEED METAL]
    シンフォニック・メタル・バンド GRAND FINALEの聴き応え十分な初フル作
    都内を中心に活動中のシンフォニック・メタル・バンドGRAND FINALEの初のフル・アルバム! チャールズ・ダーウィンの著作“種の起源”の一節から引用された本タイトル。映画音楽を彷彿させるオーケストラ・サウンドをフィーチャーした劇的メタル・サウンドが終始展開されている。随所に過去の先人たちへのリスペクトを感じつつ、モダンでハイブリッドな印象を受けるのは、AZRAELやELENDIRAでも活躍してきたYASU(Ba)のコンポーザー力の賜物だろうか。約50分があっという間に過ぎ去ってしまうと共に、まるまる1本の映画を観終わったような充足感が感じられる味わい深いマスターピースだ! バンド名どおりの大団円とは言わずに、早くも彼らの物語の続きを知りたくなってしまった。
    宮久保 仁貴【ライター推薦】

チェックした商品をまとめて

激ロック編集部に関するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る