【インタビュー】岩田剛典 映画『去年の冬、きみと別れ』

2018年02月15日 (木) 10:50

|

HMV&BOOKS online - 本・雑誌


岩田剛典(EXILE、三代目J Soul Brothers)初の単独主演映画に挑戦


『悪と仮面のルール』、『教団X』など、次々と話題作を発表しつづける小説家・中村文則。なかでも映像化不可能の傑作と言われていた『去年の冬、きみと別れ』が、ついに映画化。監督は『グラスホッパー』などサスペンスものに定評がある瀧本智行。主演を務めるのは本作が映画単独初主演となる岩田剛典。最初に脚本を読んだときから凄い作品になる予感がしたという。

岩田 とにかく面白い脚本だと思いました。謎が解き明かされていくところはエンターテイメント性が高いと思いますし、映像化不可能と言われていた原作ですが、映画でしか表現できない作品になったと思います。

ストーリーは、岩田演じる新進気鋭の記者耶雲恭介が、盲目の美女の焼死事件を探るうちに抜けることのできない深みにはまっていくというもの。

岩田 この作品は、最後までまったく結末がわからない作品です。単にサスペンスだけじゃなくて、その裏にある人間の愛の強さや切なさであったり、人に対する愛情が一つ大きなテーマとなっているので、見逃さないでほしいです。

自分のなかにある喜怒哀楽を全て注いだ作品です


耶雲役は思った以上に大変で、撮影中はプライベートでもずっと役のイメージのまま過ごしたそうだ。

岩田 是非やってみたいと思ってやった役だったんですけれど、精神的にここまで追い込まれたのははじめてでした。ずっと喪失感のなかにある役だったので、撮影中はほとんど誰にも会っていません。逆に会ってしまうと作品に戻れない気がしてあえ て自分を閉ざしていました。クライマックスシーンは特にハードで、寝ずに撮影に臨んで白目に毛細血管が血走っている状態で撮影しました。自分のなかにある喜怒哀楽を全て注いだ作品です。

根底にある“愛”の部分が伝われば嬉しいです


ハードな撮影スケジュールのなか、岩田の支えになったのは瀧本監督のブレない姿勢だった。

岩田 プレッシャーを感じていたとき、瀧本監督とスタッフが“オレたちは一蓮托生だから”と言ってくださって救われました。それからは監督の撮りたい画に近づける演技をしようと。ただ、監督は画作りを重視するのでリアリティへのこだわりが凄いんです。炎を使ったシーンがあるんですけれど、火薬の量が多すぎて目が焼けるんじゃないかというくらい熱かったです。爆発のシーンで驚いている表情があるんですけれど、アレは素の表情です(笑)。

共演者も山本美月、斎藤工、浅見れいな、北村一輝と演技派ばかりで、一筋縄ではいかない。人間ドラマが繰り広げられる。張り巡らされた伏線とトリックの先には何があるのか? 一瞬たりとも見逃せない。

岩田 サスペンス性はこの作品の醍醐味ですが、根底にあるのは切ないラブストーリーなんです。最終的にその“愛”の部分が伝わればいいなと思います。

of



商品情報


ローソン・HMV&BOOKS限定デザインカバー付原作本

2月14日(水)より、HMV&BOOKS Online、HMV&BOOKS渋谷・博多、3月下旬開店“HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(日比谷コテージ)”にて、ローソン・HMV&BOOKS限定デザインカバー付原作本「去年の冬、きみと別れ」の販売を開始。

■岩田剛典の手書きメッセージ(プリント)入り

※HMV&BOOKS以外の店舗では取り扱いはございません。
※一部店舗では14日以降に販売開始となります。
※限定デザインカバー版は無くなり次第販売終了となります。

ご購入はこちら

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)

中村文則

(1)

価格(税込) : ¥497

発行年月: 2016年04月

ローソン・HMV&BOOKS限定デザインカバー付原作本【岩田さんの手書きメッセージ(プリント)入り】



秘蔵写真約140枚収録。あなたが知らない岩田剛典がここに。

映画『去年の冬、きみと別れ』の場面写真やメイキング写真で構成したビジュアルブック。
岩田剛典が今までに見せたことのない表情を見ることができる本作。愛する女性に向ける優しげな表情、一人物思いに耽る張り詰めた表情、事件の真相に迫る男らしい表情など、振り幅の大きな喜怒哀楽を一冊に凝縮。

ご予約はこちら


【主題歌「never」収録】 m-flo オリジナルメンバーLISA復帰作



映画情報


映画『去年の冬、きみと別れ』
3月10日(土) 全国ロードショー

岩田剛典(EXILE、三代目J Soul Brothers)初の単独主演映画!
美しくも切ない、究極の純愛サスペンスに挑む

<Story>
新進気鋭の記者耶雲恭介。
彼女との結婚を間近に控え、本の出版を目指す彼が目を付けたのは…
不可解な謎が残る、盲目の美女が巻き込まれた焼死事件と、
その事件の容疑者である天才写真家・木原坂雄大だった。
その真相に近づくにつれ、いつの間にか彼は、
抜けることのできない深みにはまっていく――。

<Cast & Staff>
岩田剛典
山本美月 斎藤工・浅見れいな 土村芳/北村一輝
原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)
監督:瀧本智行 脚本:大石哲也 音楽:上野耕路
主題歌:m-flo「never」(rhythm zone/LDH MUSIC)

©2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会




%%message%%


映画『去年の冬、きみと別れ』オフィシャルサイト 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE オフィシャルサイト

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEに関するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る