「シャイケデリック(シャイ+サイケデリック)・ハイで行こう。」2017年必聴の5枚を振り返り

2018年01月09日 (火) 10:00

|

ローチケHMV - 洋楽


HMV渋谷をはじめ計13店舗の勤務を経て現在は本社にて洋楽バイヤーを担当する寺町知秀が洋楽の森からオススメ作品をピックアップするコーナー「わくわくPOPSランド」。社内外から信頼を集める生粋の洋楽バイヤーが、昨年紹介した「2017年ベスト10ディスク」に入れるべきだった、という必聴の5枚とは?

【第19回】シャイケデリック(シャイ+サイケデリック)・ハイで行こう。


新年あけましておめでとうございます。てな感じで、2018年もフレッシュな音楽をたくさん聴いてアガっていきたいですね。

さて、新年早々昨年を振り返るのもアレですが、今月は2017年ベスト10ディスクに漏れてしまった、いや、ていうかコレ入れとかなアカンかった5枚をチョイスさせて頂きました。

アンドリュー・ウェザオール『クオリア』は、マニュエル・ゲッチングらによるクラウト・ロックの裏名盤『TAROT』のジャケットモロ使いからしてわかる通り、ジャーマン・サイケ直系のアシッド・エレクトロ絵巻を展開。これはたまりません。

オーストラリアはメルボルン出身の7人組、キング・ギザード&ザ・リザード・ウィザードがマイルド・ハイ・クラブと組んだ『スケッチ・オブ・ザ・ブランズウィック・イースト』は、フォーク/ソウル/ジャズの気持ちエエ部分に多国籍風味をふりかけたモダン・サイケデリック・ジャム作品。

LAのサイケデリック・ラテン・ソウルバンド、チカーノ・バットマン『フリーダム・イズ・フリー』は、このところ、静かに熱を帯びてきているチカーノ・ソウルの宝庫 BARRIO GOLD RECORDS の看板選手による成熟味を増した最新作。メチャ最高。

モーゼス・サムニー処女アルバムは、崇高な瞬間に何度も触れることができるどこまでも美しい作品。

そして、敬愛するスウィート・ドリームスからのリリースの中でも、ひときわ思い入れの強いタラ・ジェイン・オニール新作。出すたびにどんどん良くなっているんですよね。来日パフォーマンスも素晴らしかったです。

それでは、また来月お会いしましょう。




%%message%%

寺町知秀(てらまち ともひで)

1999年にHMV渋谷入社。HMV立川など7店舗で店長を務め、計13店舗の勤務を経て現在は本社にて洋楽バイヤーを担当。

寺町知秀セレクトによる最新コンピ

サイケデリック/ポップ/チル/メロウ/フレッシュ


このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

HMV&BOOKS onlineは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

Andrew Weatherallに関するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る