【コラム】Rakshasa / 怜生

2017年11月14日 (火) 00:00

|

ローチケHMV - ヘヴィーメタル


Rakshasa HMVコラム第参回 怜生編

 はじめまして。Rakshasaのドラムを担当している怜生(れお)です。バンドのリレーコラム第3弾、よろしくお願いします。

 念のため説明しておきますが、このリレーコラムにはルールがあります。「前の書き手が次の書き手に対して、メタルのあるジャンルについて指定し、そのジャンルのアルバムを1枚レビューする」というものです。今回ぼくに与えられたお題は『インダストリアル・メタル』。

 前の書き手はギタリストの橘花君だったのですが、ぼくはインダストリアル・メタルを聴かないイメージがあったということです。確かに、最近は聴かなくなりました。しかし学生の頃などは、FEAR FACTORYやSTATIC-Xなどよく聴いたものです。

 しかし、いまでも信者のように愛してやまないバンドのひとつが、インダストリアル・メタルに分類されているのです。それがSAMAELです。

SAMAEL

 彼らの初期の音源”Whoship Him”、”Blood Ritual”のころはブラックメタルよりの音楽をプレイしていました。Wikipediaには、4thアルバム”Passage”のころからインダストリアル・メタル化したとありますが、バンドの変化自体は3枚目の”Ceremony of Opposites”のころからだと、個人的には感じています。

 もともとブラストビート全開のハイスピードプレイを得意とするようなバンドではなかったですが、初期2枚にはまだブラックメタル特有の壮大さ、雄大さ、ダークな重さとルーズさを感じさせる楽曲が多かったのです。しかし、3枚目からはよりギターリフがソリッドになり、研ぎ澄まされた音楽性へと変化したのですアルバムジャケもおどろおどろしいものから、シンプルでシンボリックなものに変化したのも3枚目からでした。

 さて、今回レビューをするアルバムは2004年発表の6thアルバムの”Reign of Light”です。

   このアルバムは恐らく、SAMAELファンの中でも賛否両論の1枚かと思います。アルバムジャケットは例によって宇宙を想起させるシンプルなもの。曲調はメタルというよりもダークなロック風。ギターリフ、ドラムパターンはより聞きやすく、シンプルなものに変化しています。しかし、そのぶんヴォーカルに輪郭が生まれ、歌声が耳に残りやすくなっています。楽曲によってはあたかもラップのような歯切れよく、歌詞を吐き捨てるような歌唱も披露します。

 明らかなサンプル音源や、リズムマシンも大胆に導入されています。全体的にややアメリカ的というべきか、いまでいうマーベラス系の映画や、『バイオ・ハザード』シリーズのサウンドトラックに入っていてもなんら違和感ない楽曲群となっているのです。

 ただ、まちがっていけないのは、決して単純なポップ化をしたわけではないということです。SAMAELの持つ初期からの重さとダークさはそのままに、次元に昇華しているのです。Dark Tranquilityが”Projector”や”Haven”で見せた、あの変化のように、SAMAELもこのとき進化したと言えるでしょう。

 しかし、この変化には好みの差が色濃く出るのも事実。サンプリングやリズムマシンなどの機械的なものを受け付けないリスナーもいるだろうし、メロディやラップ調のヴォーカルを断じて許さないリスナーもいるでしょう。過去からのコアなファンには複雑な心境となるアルバムであったことは否定できません。


 この昇華はSAMAEL流に、時代の変化に合わせた結果です。アルバムを出すたびに、常に変化してきた彼らが”Reign of Light”で見せたものは、ひとつの到達点なのです。その証拠に、その後に続く”Era One”、”Solar Soul”は楽曲の特徴的に”Reign of Light”を踏襲しています。

 その後、“Above”でさらに大胆に変化していくのですが、それはまた別の話。SAMAELを知っていた方も知らなかった方も、ぜひ”Reign of Light”を聴いてみてください。このアルバムを聴いた上で、時代を遡ってアルバムを聴いたり、最近のアルバムを聴いたりすると、彼らの音楽変遷を理解できることでしょう。

 さて、ぼくの出番はここまで。次回はRakshasaのギターで盟友でもある篤志君にお願いしましょう。お題は『グラインド・コア』で。それでは。

Rakshasa / 怜生




【コラム】第弐回 Rakshasa / 橘花

【コラム】Rakshasa / 橘花

和風ドラマティックメタル・バンド、Rakshasa のメンバーが普段聞かない音楽をレビューするリレーコラム。第2回はギタリストの橘花氏が登場。

ローチケHMV-ヘヴィーメタル|2017年10月04日 (水) 22:45

【コラム】第壱回 Rakshasa / 百合

【コラム】Rakshasa / 百合

7月26日に1stアルバム『六道羅刹』をリリースした和風ドラマティックメタル・バンド、Rakshasa のヴォーカル、百合さんによるコラム。

ローチケHMV-ヘヴィーメタル|2017年09月02日 (土) 02:00

デビューアルバム

六道羅刹

CD

六道羅刹

Rakshasa

価格(税込) : ¥2,700

発売日: 2017年07月26日

SAMAEL 6thアルバム

Reign Of Light

CD輸入盤

Reign Of Light

Samael

価格(税込) : ¥2,880

まとめ買い価格(税込) : ¥1,729

会員価格(税込) : ¥2,507

発売日: 2004年10月25日

%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る


このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

Rakshasaに関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る