SUGIZO ソロ20周年アルバム アーティストコメント第二弾&5曲の試聴動画を公開

2017年11月14日 (火) 18:45

|

ローチケHMV - 邦楽・K-POP

多彩なゲスト・ヴォーカリストを迎えて制作され、11月29日に発売となる SUGIZO ソロ活動20周年のオリジナル作品『ONENESS M』。このアルバムに参加したアーティストの中から、先日発表された第一弾発表の参加アーティストに続き、第二弾発表アーティスト、TAKURO(GLAY)、京(DIR EN GREY/sukekiyo)、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、清春、MORRIE(DEAD END/CREATURE CREATURE)、川上洋平([Alexandros])の6名のコメントが公開となった。

また、アルバム収録曲である「VOICE feat.清春」、「感情漂流 feat.辻 仁成」、「PHOENIX 〜HINOTORI〜 feat.Toshl」、「巡り逢えるなら feat.TERU」、「Rebellmusik feat.K Dub Shine」の5曲を試聴できるクロスフェード動画も公開された。使用されている写真も初公開の写真となっている。

なお、11月14日(火)深夜24時から iTunes にて『ONENESS M』のプレオーダーが全世界116か国で開始され、予約すると「VOICE feat.清春」、「感情漂流 feat.辻 仁成」の2曲が先行ダウンロードできる。

of

参加アーティストコメント

僕は毎日スギゾーさんの為にお祈りしています。
「神様、スギゾーさんはあんなに音楽を愛しているのだから今度生まれかわってもどうか大好きな音楽の1番近くに生まれかわりますように」と。
「人間なんて贅沢は言いません。例えばジョンの丸メガネ、ジミヘンのヒゲとかボウイのジギーの衣装やなんなら、INORAN 君の投げるようのピックとか。」
毎日毎日僕は祈っているのです。
- TAKURO(GLAY) -

絶望と美
この楽曲の持つ旋律から感じたこの2つのワードを自分なりに咀嚼し、自分の世界観を滲ませました。
- 京(DIR EN GREY/sukekiyo) -

拝啓 スギちゃん
ソロ作るから言葉入れてよ!的なお誘いを受けて
ああ何か大人数でコーラスをやる感じだと思って
あ〜いいよ〜!なんて軽〜く返事をしたら
俺の音楽経験上に全くない音がビッチリ入った
芸術点の高すぎる楽曲がガツンっと送られてきて
今まで力技だけで音楽をギリ何とか演っちゃってる俺の
頭の先っぽから煙がプスプス焦げつき始めて
何なの!(怒)これは最新型の辱めプレーなの?って時に
スギちゃんから送られてきた曲のへのヒントの言葉
「悪化の一途を辿る世界情勢、睨み合いをやめられない悲しいレベルの各国家、迷走する日本政府、震災後の新しい生き方を模索する日本。できれば最後にはポジティブな方向へ…」
はあ!?このドロ沼の状況の最後にポジティブ!?何々この超難題!?
脳味噌筋肉の俺に難しすぎんだろ〜…って諦めかけてた
レコーディング前日に中津川のフェスで一緒に歌った
仲井戸”CHABO”麗市が最後に朗読したその一言に希望の救いを見つけ
何とか「Garcia」を仕上げることが出来ました
これが正解だったのか合格点に辿りついたかはわからないけど
スギちゃんと一緒にこの曲を作りあげられたことは
これからどんな未来になろうが胸を張って生きられる証になるよ
また夜明けまでフラっフラになるまで飲もうよ
あの日の朝の約束を石巻で実行してくれて
本当にありがとう
心の同志 TOSHI-LOWより
- TOSHI-LOW(BRAHMAN) -

美学を貫き昇天させ、変化させられる人は少ない
お互いの美学が共鳴し合う関係にあるギタリストとヴォーカリストの例も日本にはあまりない
SUGIZO 君と知り合い
SUGIZO 君を見ていて思う
数少ない、僕にとって理想的な人だと
- 清春 -

始めに世界ありき。音楽的才能に恵まれたギタリストは数あれど、音楽を通じて独自の世界を実現しようとしているギタリストは稀にしかいません。SUGIZO はそんな世界を持っている数少ないギタリストの一人だと思っています。そして、ここに SUGIZO の世界と私の世界の融合が果たされました。死、すなわち永遠の無の眠りの果てには何があるのだろうか。そんなことに思いを馳せながら歌いました。あなたの永遠のレクイエムに。
- MORRIE(DEAD END/CREATURE CREATURE) -

この度は SUGIZO さんのソロ作品に参戦させていただき、誠に光栄です。しかも TAKURO さんが書いた歌詞を歌えるなんて「RYUICHI さんと TERU さんの気持ちを一瞬でも味わえる」と胸が躍りました。そして実はその TERU さんに SUGIZO さんとの一席を設けていただき、今回のお話に至ったことも感謝です。
- 川上洋平([Alexandros]) -

第一弾発表アーティストコメント

SUGIZO 20周年アルバム詳細解禁 参加ヴォーカリストによるコメントも

ソロデビュー20周年を記念し豪華ヴォーカリストをゲストに迎えたオリジナル・アルバム『ONENESS M』のジャケット写真と全トラックリストが公開。RYUICHI、Toshl、TERU、辻 仁成、K Dub Shine からのコメントも到着。

ローチケHMV-邦楽・K-POP|2017年10月20日 (金) 18:00





iTunesリンク 11月14日(火)深夜24時から有効

『ONENESS M』特設サイト



作品情報


SUGIZO
ニュー・アルバム『ONENESS M』
2017年11月29日発売

<初回限定盤>
2CD(SHM-CD)+Photo Book+三方背ケース
CD1:フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム
CD2:CD1のヴォーカルレス・インスト・アルバム
Photo Book:撮り下ろし写真集+ライナーノーツで約100P
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
¥10,800(税込)


<通常盤>
CD(SHM-CD):フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
¥3,000(税込)


<収録曲>
1.永遠(※ヨミ:トワ)feat. RYUICHI
2.Daniela feat. Yoohei Kawakami
3.絶彩(※ヨミ:ゼッサイ)feat. 京
4.Rebellmusik(※ヨミ:リベルムジーク)feat. K Dub Shine
5.巡り逢えるなら feat. TERU
6.PHOENIX 〜HINOTORI〜 feat. Toshl
7.Garcia feat. TOSHI-LOW
8.感情漂流 feat. 辻仁成
9.VOICE feat. 清春
10.光の涯 feat. MORRIE



ツアー情報


「SUGIZO TOUR 2017 Unity for Universal Truth」
11月19日(日) 石巻BLUE RESISTANCE
11月22日(水) 名古屋Electric Lady Land
11月23日(木・祝) 大阪ESAKA MUSE
11月25日(土) 柏 PALOOZA
12月6日(水) Zepp Tokyo



SUGIZO プロフィール

ギターを抱えたスピリチュアル・アクティヴィスト。
作曲家、ギタリスト、ヴァイオリニスト。
幼少期よりヴァイオリンや楽典等、クラシック音楽の英才教育を受けて育ち、綿密に構築された唯一無二の作曲能力、瞬間を切り取り光に昇華させるかのようなギター&ヴァイオリン・パフォーマンス、美しくもディープな宇宙的スピリチュアル・サウンドデザインは極めて評価が高く、シーンを創世し、ジャンルの境界を壊しながら縦横無断にアートを舞うその美意識は国内外にて圧倒的な存在感を誇る。音楽と平行しながら平和活動、環境活動に積極的に参加、アクティヴィストとしての動きをも幅広く展開している。現在、日本を代表するロックバンド LUNA SEA、X JAPAN そしてU.K.の伝説的トランスユニット JUNO REACTOR のメンバーとして、世界規模で活動中。

1992年5月、LUNA SEA のコンポーザー、ギタリスト、ヴァイオリニストとしてデビュー。
1997年、約1年間の同バンド活動充電期間を機にソロアーティストとして活動。
2000年末、90年代ロックシーンを牽引し数々の伝説を残した LUNA SEA が終焉。
2001年より、映画音楽や役者、コンテンポラリー・ダンスにまで領域を広げ積極的にソロ活動を再開する。
2006年、英国の伝統的トランス/テクノ・ユニット、JUNO REACTOR に加入。
2007年12月24日、LUNA SEA が東京ドームにて一夜限りの復活ライヴを行う。
2009年、X JAPAN に正式メンバーとして加入。
2010年、LUNA SEA が海外公演を含めた REBOOTツアーを行い本格的にバンド活動を再開する。
2017年、1997年に始動した SUGIZOソロ活動20周年を迎える。

%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る



このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

SUGIZOに関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る