【インタビュー】山本耕史 ミュージカル『メンフィス』

2017年11月15日 (水) 00:00

|

ローチケHMV - イベント・おでかけ , ローチケHMV - 演劇・ステージ

インタビュー・文/宮崎新之
構成/月刊ローチケHMV編集部 11月15日号より転載

新しいビジュアルの『メンフィス』をお見せします


実在のDJデューイ・フィリップスの半生をモデルに描き、トニー賞作品賞など4冠を獲得している名作ミュージカル「メンフィス」。2015年の日本初演も好評を博し、待望の再演となった今回は主演の山本耕史が演出も手掛けるという。

山本 ブロードウェイで賞を総なめしたような作品なので、曲もすごく良いですし、力がある演目ですから、再演にあたって何の不安もないですね。今回は演出もやらせていただきますが、初演よりもわかりやすく、よりスタイリッシュに、よりシンプルにできればなとは考えています。彫刻で言うなら、もう少し深く彫り込んでいくような、陰影を深くしていくイメージですね。

主人公のヒューイはまだ黒人差別が当たり前だった時代に、白人でありながらブラック・ミュージックに惹かれ、世の中に知らしめていく。

山本 良いものを良いと言えない時代の中で、彼が勇気を持って言ったのか…もしくは、勇気とかは考えずに言っちゃったのか。僕らが初演で作ったヒューイは後者でしたけど、実在する人物なので実際のところはどうだったのかな、という思いは多少あります。でも、そういう難しいところを飛び越えてしまったことが、この作品がヒットした意味なんじゃないかな。いろいろ考えるよりも動いてみようよ、頭で考える前に動いてしまおう、というヒューイのスタイルは、この作品の魅力の一つだと思いますし、僕自身の役者としてのスタイルにもかなり近いんですよ。

ヒューイの心を奪っていく歌声を持つヒロインの黒人シンガー、フェリシア役には、再タッグとなる濱田めぐみがキャスティングされている。

山本 濱田さんは、歌がめちゃくちゃうまい!場数を踏まれているから、僕の動きに合わせてスッと自然に動くことができるんですよね。初演の時のフェリシア役も本当にピッタリだったし素晴らしかったけど、もっと掘り下げられるはずだとも思っています。稽古の中でいろいろとやってみたいですね。前回ご覧になった方は、またちょっと新しいビジュアルの『メンフィス』をお見せできると思います。新キャストも魅力的な方がそろっていますので、ぜひ楽しんでいただきたいですね。

プロフィール

ヤマモト コウジ
'76年、東京都出身。映画、舞台、テレビドラマなどで幅広く活躍。現在放送中のテレビ朝日系ドラマ『トットちゃん!』に出演中。

公演情報


ミュージカル『メンフィス』

脚本・作詞:ジョー・ディピエトロ
音楽・作詞:デヴィッド・ブライアン
翻訳・訳詞:吉川徹
演出・振付:ジェフリー・ページ
演出・主演:山本耕史
出演:濱田めぐみ、ジェロ、米倉利紀、伊礼彼方、栗原英雄、根岸季衣 他

2017年12月2日(土)〜17日(日) 東京・新国立劇場 中劇場


%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る


「月刊ローチケHMV」は毎月15日発行(無料)
ローソン・ミニストップ・HMVにて配布

11月15日号の表紙は、TEAM NACS / THE YELLOW MONKEY/怪盗グルーのミニオン大脱走



このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

山本耕史に関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る