【インタビュー】相葉裕樹 ミュージカル「HEADS UP!」

2017年11月15日 (水) 00:00

|

ローチケHMV - イベント・おでかけ , ローチケHMV - 演劇・ステージ

インタビュー・文/大宮ガスト
写真/篠塚ようこ
構成/月刊ローチケHMV編集部 11月15日号より転載
※写真は本誌とは異なります

前代未聞のバックステージミュージカルが帰ってくる


華やかに輝く舞台の裏には常に、影となりそれを支えるスタッフがいる。ミュージカル『HEADS UP!』は、舞台仕込みから撤収までの奮闘をコメディカルに描いた “舞台メイキングミュージカル” だ。2015年11月に初演されるや、その評判は口コミで広がり大盛況で幕を閉じたが、今回、満を持しての再演となる。

相葉 幕が上がり、たくさんのお客様の笑い声を聞いて初めて完成した作品です。

そう語るのは、『グレイト・ギャツビー』『スカーレット・ピンパーネル』『レ・ミゼラブル』とビックミュージカルに立て続けに出演し、舞台俳優として益々キャリアを磨く相葉裕樹。本作では、新米舞台監督として、主演の哀川翔とタッグを組み、物語の軸となる。

相葉 舞台監督というのは、舞台のバックステージを仕切る裏方の監督。僕が演じる進藤祐介は、各セクションのスタッフや舞台ならではの珍事に翻弄される気弱で心配性な新人舞台監督で、性格が僕と全く一緒(笑)。そんな進藤を哀川翔さん演じる大御所舞台監督の加賀美賢治が支えてくださるのですが、まさに稽古場でも哀川さんが座長として舞台作りを潤滑に回してくださり、そのお陰でこれだけの作品が完成したのだと思います。

本作はラサール石井が原案・作詞・演出を務め、第23回読売演劇大賞 優秀演出家賞を受賞している。

相葉 物語の随所に “見えるものは見えないものに支えられている” ということが愛おしく表現されていて、ラサールさんの劇場愛がふんだんに詰まった作品になっています。楽曲もバカバカしくも心地よいものばかりなので、劇場を出た後はポカポカと暖かい気持ちになれるはず。

初演で多くの反響が届いた作品だけに、再演となると初演とは違うプレッシャーがかかるはずだ。

相葉 ラサールさんからは「再演だからって前回を超えようと気負わなくていいよ」と仰っていただいているのですが……まあプレッシャーはありますよね(笑)。『HEADS UP!』は演劇を見たことない人が演劇好きになるキッカケになるような作品。前作を超えられるものができるよう精進しますので、楽しみにしていてください!

プロフィール

アイバ ヒロキ
「侍戦隊シンケンジャー」シンケンブルーで人気を博す。'17年ミュージカル『レ・ミゼラブル』ではアンジョルラス役で出演。舞台を中心に活躍中。

公演情報


ミュージカル「HEADS UP!」

脚本:倉持裕
原案・作詞・演出:ラサール石井
出演:哀川翔、相葉裕樹、橋本じゅん、青木さやか、池田純矢、今拓哉、芋洗坂係長、オレノグラフィティ、陰山泰、大空ゆうひ、中川晃教 他

2017年
12月14日(木)〜17日(日) KAAT 神奈川芸術劇場〈ホール〉
2018年
1月20日(土) 富山オーバード・ホール
1月26日(金)・27日(土) 長野・サントミューゼ
2月2日(金)〜4日(日) 大阪・新歌舞伎座
3月2日(金)〜12日(月) TBS赤坂ACTシアター


関連商品情報


相葉裕樹フォトブック『TRENTE HIROKI AIBA PHOTO BOOK』
価格:3,456円(税込)
判型:B4/96ページ/メイキングDVD1枚綴込付録付き

お買い求めはこちら

TRENTE HIROKI AIBA PHOTO BOOK

TRENTE HIROKI AIBA PHOTO BOOK

相葉裕樹

価格(税込) : ¥3,456

発行年月: 2017年09月


%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る


「月刊ローチケHMV」は毎月15日発行(無料)
ローソン・ミニストップ・HMVにて配布

11月15日号の表紙は、TEAM NACS / THE YELLOW MONKEY/怪盗グルーのミニオン大脱走



このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

相葉裕樹に関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る