11:11の1分間に起こる冒険を描く『キュリオス』が日本上陸 記者発表に小倉智昭らサポーターが集結

2017年10月12日 (木) 19:30

|

ローチケHMV - イベント・おでかけ , ローチケHMV - イベント・レジャー

本日10月12日に、シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演最新作『ダイハツキュリオス』日本公演記者発表会が開催された。

大道芸人からスタートしたシルク・ドゥ・ソレイユが創設30周年を迎え、さらに進化を遂げた特別な作品『キュリオス』を作り上げた。『キュリオス』は「好奇心」「骨董品」という意味を持つ、シルク独自の言葉だ。その公演で披露されるのは、“好奇心” と独自の想像力で進化させた究極の技の数々と、懐かしくも新しいスチームパンク風の世界観。その『キュリオス』が2018年2月に日本に上陸する。

この『キュリオス』は、“11時11分” から1分間の中で起きる想像の世界。ステージのモニターに映し出された時計が “11:10” から “11:11” に変わると、客席後方からキュリオスアーティストのクララ、ニコ、ミスター・マイクロコスモスの3名が登場。メイクにコスチュームもそうだが、独特の動きが素晴らしく、一気に会場はキュリオスワールドに。その後ジャグラーが登場しその超絶な技を披露、さらにステージ上で、“ロシアン・クレードル” の生パフォーマンスがスタート。圧倒的なパフォーマンスで会場中を夢中にさせた。目の前で繰り広げられる技の数々は、人間離れしているとしかいいようがなく、とにかく「スゴイ!」のひと言だ。


パフォーマンスが終わると、今回の日本公演を盛り上げる、スペシャルサポーターが続々と登場。藤田ニコル、キャイ〜ンの天野ひろゆき・ウド鈴木、サンドウィッチマンの伊達みきお・富澤たけし、LiLiCo、チャラン・ポ・ランタンのもも・小春、そして2003年の「キダム」以降、シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演の応援団長を務める小倉智昭がステージに登場、さらに今回会場に来られなかった中村勘九郎・中村七之助・中村勘太郎、橋本環奈からもビデオメッセージが届き、サポーター陣から日本公演への期待とサポーター就任の意気込みが語られた。

of

※クリックすると画像が拡大されます


一足先にアメリカ・ポートランドで『キュリオス』を観劇した小倉は、ステージに並んでいる小道具の数々の素晴らしさや、『キュリオス』唯一の日本人アーティストであり、先日日本公演でのクララ役として大抜擢された“池田一葉”とのエピソードを語った。シルク・ドゥ・ソレイユに出演したくて8年間オーディションを受け続けて大抜擢されたという、彼女のクララに期待がかかる。そしてここで、キュリオスアーティストによる “コントーション” が披露。人間技とは思えない柔軟性とコンビネーションにサポーターたちはもちろん、会場中から驚きの声があがっていた。

さらに、“11:11”の時間がキュリオスの世界観を作る一つの要素であることから、11月11日が“キュリオスの日”として日本記念日協会から認定されたことが発表、最後に日本公演の成功を願い、小倉の音頭で「11月11日はキュリオスの日!」と全員のかけ声で、発表会は幕を閉じた。

of

※クリックすると画像が拡大されます


【応援団長・スペシャルサポーターの主なコメント】

小倉智昭(応援団長)
「11時11分というのは、大変縁起の良い時間だそうです。そこから12分までの1分間を2時間で表現するという。これが、本当に楽しいですから、今までにシルクを見たことのない方もぜひご覧になってください」

キャイ〜ン・天野ひろゆき/ウド鈴木
「これぞシルクっていう、お客さんを楽しませるという感じ。さらに、1個1個の演目が進化してる!想像の遥かに上を技で見せてくれる。一つ言えるのは、俺には絶対できないですね(天野)。いや、天野くんならできるよ!(ウド)」

サンドウィッチマン・伊達みきお/富澤たけし
「仙台公演までに、トランポリンをぜひやりたいと思います!仙台公演は2019年なので、ちょっと早めてもらいたい!」

LiLiCoさん
「1分間の物語だから、1分の間にこんないろんなことが起こるかもしれないという好奇心があれば、自分の人生でも1分間てすごく大事なんだなということも考えさせられる作品だなと思いました」

藤田ニコルさん
「テレビのミニ枠でナレーションをやったんですけど、VTRを見ていて筋肉ムキムキの人が出てきたんですよ!だからちょっと気になっちゃいます。生で見たいですね」

チャラン・ポ・ランタン・もも/小春
「21年前、アコーディオン弾きをアレグリアで見て、アコーディオンが欲しくなってサンタさんにお願いしたのがきっかけで、今は音楽活動をしています。サポーターになれて、うれしいです!」

『キュリオス』アーティスティックディレクター・レイチェル
「キュリオスは、スチームパンクでセピア色の世界観と、近代的でレトロな世界が同時に存在するユニークな作品です。キュリオスの世界では、どんなことでも可能になる、起こり得ないことが起こる、そんな世界になっています」

開催概要


『ダイハツキュリオス』日本公演

【東京公演】
2018年2月7日(水)〜4月8日(日)
お台場ビックトップ

【大阪公演】
2018年7月26日(木)〜10月29日(月)
中之島ビッグトップ

【名古屋公演】
2018年11月22日(木)〜2019年1月27日(日)
名古屋ビッグトップ

【福岡公演】
2019年2月15日(金)〜3月31日(日)
福岡ビッグトップ

【仙台公演】
2019年4月〜
仙台ビッグトップ

【入場料金】
▼東京公演
平日公演:SS席 大人 12,500円、学生 11,500円 子ども 8,500円
     S席 大人 10,000円、学生 9,000円 子ども 5,500円
     A席・車イス席 大人 6,500円、学生 5,500円 子ども 4,500円
     SS席(オリジナル特典付)20,000円
土日祝公演:SS席 大人 13,500円、学生 12,500円 子ども 9,500円
      S席 大人 11,000円、学生 10,000円 子ども 7,500円
      A席・車イス席 大人 7,500円、学生 6,500円 子ども 5,500円
      SS席(オリジナル特典付)21,000円
CABINET OF CURIOSITIES −好奇心の玉手箱−

『キュリオス』は、1984年シルク・ドゥ・ソレイユ創設以来35作目となる、シルク創設30周年を記念して制作されたスペシャルな作品となる。
「キュリオス」は、「好奇心」「骨董品」という意味を持つシルク独自の言葉。

舞台は19世紀の産業革命の時代を彷彿させながら、近未来を感じる雰囲気。目に見えない世界が存在すると信じているシーカー(主人公)が、あちこちから集めた骨董品などのコレクションの中から間に合わせのアイテムで作った機械の世界に足を踏み入れるところからストーリーが始まる。

風変りなキャラクターたちが主人公の想像力を刺激しようと、詩やユーモアで世界をひっくり返そうとした時、骨董品たちが目の前で命を宿していく。想像力を信じて自分の心を解き放つ時、私たちは不思議の世界へと通じる扉を開けることができるかもしれない。

「キュリオス」は2014年の開幕以来、2017年5月のヒューストン公演までに230万人以上を動員。公演詳細は後日発表。

of

※クリックすると画像が拡大されます


ダイハツ キュリオス日本公演オフィシャルページ


Photos: Martin Girard, Pierre Manning / shootstudio.ca © 2014 Cirque du Soleil
Photo: Pierre Manning / shootstudio.ca © 2014 Cirque du Soleil

%%message%%


このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

シルク・ドゥ・ソレイユに関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る