【インタビュー】賀来賢人×赤堀雅秋 M&Oplaysプロデュース『流山ブルーバード』

2017年10月15日 (日) 00:00

|

ローチケHMV - イベント・おでかけ , ローチケHMV - 演劇・ステージ

インタビュー・文/野上瑠美子
写真/倉田貴志
構成/月刊ローチケHMV編集部 10月15日号より転載
写真は本誌とは異なります

赤堀雅秋と賀来賢人らが挑む青春群像劇


市井の人々の愛しくも少し愚かな姿を描き、近年は映画監督としても高評価を得ている赤堀雅秋。そんな赤堀の新作『流山ブルーバード』は、賀来賢人が役者仲間の太賀と、さらに赤堀と舞台をやりたいという思いが発端となっている。

賀来 赤堀さんの作品ってすごく生っぽいというか、セリフではなく、本当にその人が発している言葉って感じがするんですよね。日常を覗いているような…。役者としてはすごく羨ましい空間に映っていたので、今回ご一緒出来て嬉しいです。

赤堀 まず賀来くんと太賀くんでというお話をもらい、すごく面白そうだと思いました。また近年はおっさんのしょうもない話ばかり書いていたので(笑)、若者を主軸にしたしょうもない話が書けたらなと(笑)。

詳細はまだ未定ながら、赤堀の言う “しょうもない話” と、本作のチラシに描かれているビキニ女性がビーチでくつろぐイラストとは、大きな隔たりがあるようにも思える。

赤堀 イメージとしては、彼らが住む街の雑居ビルの上にああいうでかい看板があって、みんなにとってのある種の憧れ、というのかな。あの女性の微笑みに見下ろされながらも蠢うごめくしかない。そんな人々の些末な物語にしたいと思っています。



この企画が始動してから、ずっと楽しみにしていたという賀来。そこにあるのは舞台への強い想いだ。

賀来 以前松尾スズキさんの『悪霊〜下女の恋』(2013年)という舞台をやった時に、ものすごくヒリヒリとしたお客さんの空気を感じ取れた瞬間があったんです。それが強く印象に残っていて。今回もそういう経験が出来る座組みではないかと思いますし、しかも赤堀さんと、本多(劇場)でやれるわけですから。自分の集大成となるような、そして今までにやったことのないような芝居をつくれたらいいなと思います。

そんな賀来とだからこそつくれる舞台とは何か、赤堀に問うと…。

赤堀 うーん、わからないです(笑)。でもこの人だったら一緒に汚れてくれるというか、共にゼロからものをつくってくれるんじゃないかなと。だからきっと愛しくて、面白いものになるとは思いますよ。…まぁ何の根拠もないですけど(笑)。

プロフィール

カク ケント
'89年、東京都出身。2007年のデビュー以来、映画や舞台、テレビドラマなど多岐にわたる活動で注目を集める俳優。

アカホリ マサアキ
'71年、千葉県出身。人間の機微を丁寧に紡ぐ劇作家、演出家、俳優。作品の独特な世界観は「赤堀ワールド」と称される。

公演情報


M&Oplaysプロデュース
流山ブルーバード


作・演出:赤堀雅秋
出演:賀来賢人、太賀、柄本時生、若葉竜也、小野ゆり子、宮下今日子、駒木根隆介、赤堀雅秋、平田敦子、皆川猿時

2017年
12月8日(金)〜27日(水)本多劇場
2018年
1月11日(木)島根県民会館 大ホール
1月13日(土)・14日(日)サンケイホールブリーゼ
1月16日(火)広島JMSアステールプラザ 大ホール
1月18日(木)浜松市浜北文化センター 大ホール



%%message%%

「月刊ローチケHMV」は毎月15日発行(無料)
ローソン・ミニストップ・HMVにて配布

10月15日号の表紙は、BIGBANG / パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊



このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

賀来賢人に関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る