【インタビュー】COUNTRY YARD『COUNTRY YARD』

2017年09月20日 (水) 17:00

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

ついに『COUNTRY YARD』と名付けられる作品が出る。今までにも多くの作品をリリースする中で、初めて付けられたセルフタイトル。このタイトルを知った時、期待に胸が震え、実際の音を聴いた時、大きく納得した。今から知る人にも自信を持ってオススメしたい作品だ。そんな素晴らしい作品を生んだ COUNTRY YARD にインタビュー。作品のことはもちろん、フェス出演、Hi-STANDARD のツアー出演についてなども聞いた。

--- 3rdアルバムの完成おめでとうございます。ついに『COUNTRY YARD』と名付けられる作品の誕生になりますが、タイトルはどのタイミングで、どんな思いで決めたのでしょうか?

Keisaku “Sit” Matsu-ura(以降 Sit):レコーディングの全ての作業が終わった頃に決まりました。タイトルって今までは「こんなアルバムに育って欲しい」っていう願いを込めることが多かったのですが、今回は最終的に「これ、まさに COUNTRY YARD じゃね?」ってシンプルな所に行き着いて決めました。

--- 今作の制作にあたり、テーマやコンセプトは念頭にありましたか?

Sit:いつもテーマやコンセプトは殆どありません。作りたいものを作り、カッコいいと自分達が思えることを詰め込んだだけです。

--- こだわったことや意識したことは何でしょうか?

Sit:一番は音だと思います。チューニングもシングル『ONE』から更に半音下げています、ヘヴィでありながらも心地良い音を目指してました。

--- 制作の上で特に印象に残っている曲などはありますか?

Sit:最後の曲、「Believe It,Face It」では制作中に起こった自分の身内の出来事を描いています。あまり暗い話はしたくないので多くは語れませんが、その人への手紙のような曲です。

--- COUNTRY YARD にとってどんな作品になりましたか?

Sit:最高傑作。今までは超えたくても超えられなかった壁を無意識に超えてしまった、という感じです。もう何言われても全然ビクともしないです、そんな堂々とした作品です。

--- 毎回ジャケットにもこだわりを感じますが、今回のジャケットについて教えてください。

Yu-ki Miyamoto(以降 Yu-ki):音源のジャケットは COUNTRY YARD の作品として音とイメージを繋ぐ1つの重要な接点として考えています。このCDはこのジャケットだ、というような明確な印象付けはもちろん、内容に引き込ませるような、歌詞を読んでより考えてもらえるような、そんなイメージでデザインを決めています。
今作、『COUNTRY YARD』も今までの様々な色や景色を消化しつつ塗り重ねていった歴史も兼ねてデザイナーに表現してもらいました。また、アルバムの一曲一曲が表情の異なる曲が揃っている事も色で表しています。そして COUNTRY YARD という樹の幹が多様性と深みを増して太く強くなっていくイメージです。

--- 同時期に盟友たちの作品もリリースされますが、個人的に気になっている作品や楽しみにしている作品を紹介してください。

Sit:同時期で言うなら OVER ARM THROW のアルバムと SPACE BOYS のミニアルバム。時期は少し遅めですがハイスタのアルバム。The Story So Far の新作。あとはいつも挨拶回りのタイミングで色々視聴したり知れたりなので、それを楽しみにしてます。

--- 今年の春は PUNK SPRING 2017、そして夏には ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 に出演されましたが、このフェスを経験して感じたことを教えてください。

Yu-ki:単純に、フェスで初めて見てもらえる機会がある事と沢山の人の前でやれる機会を与えてもらってとても嬉しいです。PUNK SPRING 2017 も ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 も雰囲気も内容も違いますが、やるべきことは明確なんだなという事、チャンスを与えてもらえている事がとてもありがたいです。

--- Hi-STANDARD の「THE GIFT TOUR 2017」福島・南相馬公演に出演予定されていますが、どんな思いでこのライブに臨みますか?

Sit:AIR JAM 横浜スタジアムの時に一番高くて遠い場所から見ようと思って初めてのハイスタのライブを見てたんです。凄い遠く感じたのを覚えてます。そしたら小さい頃よく窓を開けると星が見えて幼いながらに「こっちから光が見えてるってことは向こうからも見えてるのかな?」なんて事を思ってたの思い出して、それが重なって遠くに見えたハイスタにいつか僕らの光が届くのかなぁって思って歌にしたんです。それが「Starry Night」って曲なんですよ。だから、「やべぇ…と、届いたぁああ!!!」なんですよ(笑)楽しみです!!!!

--- 9月29日(金)より「TOUR 2017 -THIS IS COUNTRY YARD-」が始まり、ツアーファイナルは2回目の O-EAST ワンマンとなりますが、ライブを楽しみにしているみんなにメッセージをお願いします。

Sit:どこでも、誰とでも、一緒にライブしよう!!

--- 最後にこのインタビューをご覧の方に一言お願いします。

Sit:出会ってくれて、見つけてくれてありがとうございます、まだ聴いたことのない方は新旧関係なく是非一曲でも良いので聴いてもらいたいです。そして是非ライブハウスへ。

--- ありがとうございました!!!

作品情報


COUNTRY YARD
3rd フルアルバム『COUNTRY YARD』
2017年9月20日発売

<収録曲>
1.Orb
2.Alternative Hearts
3.Not Afraid
4.You’re My Fire
5.32
6.Bed
7.Lights Awake
8.First Day Alone
9.She Comes By
10.Belive It, Face It



ライブ情報


COUNTRY YARD presents TOUR 2017 -THIS IS COUNTRY YARD-
9月29日(金) 千葉県 LOOK
<出演者>COUNTRY YARD / DRADNATS / FOMARE
9月30日(土) 神奈川県 YOKOHAMA F.A.D
出演者>COUNTRY YARD / Survive Said The Prophet / For A Reason
10月01日(日) 栃木県 宇都宮HELLO DOLLY
<出演者>COUNTRY YARD / Castaway / LEXT
10月04日(水) 青森県 八戸ROXX
<出演者>COUNTRY YARD / ハルカミライ / S.P.N POWER
10月06日(金) 岩手県 盛岡club change
<出演者>COUNTRY YARD / ハルカミライ
10月07日(土) 宮城県 仙台BIRDLAND
<出演者>COUNTRY YARD / ハルカミライ / SABANNAMAN
10月20日(金) 石川県 金沢vanvan V4
<出演者>COUNTRY YARD / 39degrees / KICKASSRAY
11月14日(火) 兵庫県 神戸太陽と虎
<出演者>COUNTRY YARD / SHADOWS / SIGHTS
11月15日(水) 岡山県 CRAZY MAMA 2nd ROOM
<出演者>COUNTRY YARD / SHADOWS / HAIR MONEY KIDS
11月17日(金) 熊本県 Django
<出演者>COUNTRY YARD / SHADOWS / NORVER
11月18日(土) 福岡県 Queblick
<出演者>COUNTRY YARD / SHADOWS
11月19日(日) 香川県 高松TOONICE
<出演者>COUNTRY YARD / SHADOWS
12月1日(金) 愛知県 名古屋APPOLO BASE
<出演者>COUNTRY YARD / ONIONRING
12月3日(日) 大阪府 十三Fandango
<出演者>COUNTRY YARD / PALM

COUNTRY YARD presents TOUR 2017 -THIS IS COUNTRY YARD- TOUR FINAL ONEMAN
12月08日(金) 渋谷TSUTAYA-OEAST



%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る


COUNTRY YARD オフィシャルサイト


COUNTRY YARDに関するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る