【コラム】Tri Mebius / 尚-nao-

2017年09月08日 (金) 21:15

|

ローチケHMV - ヘヴィーメタル


ローチケHMVをご覧の皆様、はじめまして。
Tri Mebius(トライ・メビウス) ヴォーカルの尚-nao-です。

2017年9月13日に2ndフルアルバム「Counterclockwise(カウンタークロックワイズ)」をリリースさせて戴くことになりました!
お待たせしてすみません!やっと出ます!

今回はコラムの機会を戴いたので、少しご紹介をさせて下さいませ。


その前に、まずは自己紹介から。
今はバンドでヴォーカルをメイン(というか表立ってはコレのみ)に音楽活動をしていますが、音楽と関わるきっかけは幼少期に習い始めたクラシック・ピアノ。

歌い始めたのは高校生の時で、コピーバンドをやっていた友人から


『本当は男ヴォーカルなんだけど、キーが高過ぎて歌えないから、歌ってみない?』


と、誘われたのがきっかけ。


ちょうどバンド活動に興味を持ち始めていた頃で、仲の良い友人からの誘いという事もあり、あまり深く考えずに快諾しました(笑)

因みに、その時に歌って欲しいと渡された曲が、GUNS N' ROSESの「Paradise City」。


『あと、その曲をメインに全3曲でライヴをするから、歌いたいのを選んで。』


と言われ、その曲が収録されているアルバム「Appetite for Destruction」を渡されました。


この時点では、まだどんな曲なのかも聴いていません。
しかも私は当時、洋楽初心者だったし、流行のJ-POPくらいしか聴いた事もなく。

でも、今ならこう思いますよ。


な ん と い う 無 茶 ぶ り(笑)


この話、あんまり信じて貰えませんが実話です(笑)


それまで洋楽を真剣に聴いた事もなく、勿論こんな激しい音楽に馴染みもなく、最初は歌詞すら目で追えない状況だったし、ぶっちゃけ歌詞も英語とは言え、女の子が歌っていいのか?!って言葉のオンパレードで若干引きましたが(笑)

でも、意外にハマって、今では一番好きなバンドの一つとなってその後、よりヘヴィなメタルを聴くきっかけとなる経験になりました。
今ではデスメタルも聴きますよ。


私の自己紹介はこれくらいにして、Tri Mebiusについて。

Tri Mebius(トライ・メビウス)は、4ピースのバンドでメンバーはヴォーカルの私以外、全員男性です。

よく『バンド名がそれっぽくない(メタルとかロックバンドっぽくない)』とか『ジャンル分けが難しい』とか言われますけど本人たちは、そうも思っていません。

ジャンルとしては、一応メロディアスなロック、メタルを軸にしています(ヴォーカルもクリーンですし)。

難しいと言われる所以は、幅広い音楽性にあって、各メンバーの持つバックボーンを巧く掛け合わせつつ、「このメンバーで創り上げる最大限」を目指しています。


って、難しくカッコ付けて書きましたけど文章で書いてもピンと来ないんですよね。
なので、こちらをどうぞ。

アルバム試聴ダイジェスト

ジャンル分けって苦手なんですよ…よく解らなくて。
イイなと思えば、それが好きな音楽です!

今回のアルバムは、新メンバーRyusukeを迎えての作品で、前作の3rdシングル「Theter Of The Memories / The answer is ... ?」の収録曲もアレンジし直して、全パート録り直しました。

多種多様な収録内容を紹介すると、#2「Dark Side Residence」はメロディアスな旋律のヴォーカルとは対照的に、低音域の楽器が絡み合う楽曲ですが、#3「Chronos」はストレートなハードロック系。
共に3rdシングルにも収録されている#4「Theater Of The Memories」は、3部構成からなるプログレ風な長編作ですが、対して、バンド史上最高に過激で、攻撃的に畳み掛ける#9「The answer is ... ?」や、#8「Deep Desire」は最後のギターがドラマチックなロックバラード。
#10「Re:tone」はギターとピアノだけのインストゥルメンタルで、私がピアノを担当しました。

いつも担当して戴いているエンジニアの方にも、『同じバンドの曲とは思えない』と言われるくらいバラエティに富んだ全11曲。
はっきり言って、内容が濃厚で強烈です。


あと、今回のアルバムにはボーナストラックを1曲収録しました。
この曲は、ライヴでも披露した事がなく、YOU TUBEで公開中の試聴にも含まれていませんし、CDを買って戴いた方にしか聴く事が出来ない曲となっています。

他の10曲とは、少し風味の違うTri Mebiusならではの遊び心を、「あーだからボーナストラックね!」って思って戴けるはずです。


予てより「古くて新しい」と評されるTri Mebiusの最新アルバム。前作よりもより過激に、よりドラマチックに、お菓子のバラエティパックのような作品(?!)に仕上がりました。

以前から知って戴いている方にとっては「あっ!」って思う部分が沢山。
「ちょっとヘヴィさが足りないんだよなー。」って思っていた方にとっては
今回はきっと気に入って戴けると思います!

沢山の方々に手に取って戴けることを願っています。

それでは、またどこかで!


尚-nao- / Tri Mebius



【TRI MEBIUS ライヴ情報】
■2017年11月25日(土) 東京 吉祥寺 CRESCENDO

2017年 最新作

COUNTERCLOCKWISE

CD

COUNTERCLOCKWISE

TRI MEBIUS

価格(税込) : ¥2,700

発売日: 2017年09月13日

2014年発表のEP

Theater Of The Memories/The answer is ...?

CD

Theater Of The Memories/The answer is ...?

TRI MEBIUS

価格(税込) : ¥1,080

会員価格(税込) : ¥994

発売日: 2014年11月19日

%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る


このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る