【コラム】Rakshasa / 百合

2017年09月02日 (土) 02:00

|

ローチケHMV - ヘヴィーメタル


 Rakshasa HMVコラム第一回百合編

ローチケHMVコラムをご覧の皆さん、御機嫌よう。
RakshasaのVo.百合です。
去る7/26にRakshasaのデビューアルバム「六道羅刹」が発売されましたが皆様お手元に御座いますでしょうか?
既にご購入の皆様、有難う御座います!
まだの方は、、、是非!ローチケHMVさんにてポチっとしてくださいませ!(笑)
特典に「櫻月夜」と「慟哭の海」のアナザーVer.が付いてきますよ(^^)
そんな訳で「六道羅刹」リリースに伴いRakshasaメンバーによるコラムを掲載させて頂く事になりました!有難う御座います!!
せっかくなのでメンバーでリレー形式のコラムを書いていきたいと思います!
が!
ただ好きな事を書いてもありきたりだよねーっとメンバーで協議した結果「普段聴かないジャンルのメタルバンドのアルバムをレビューする!」になりました!(笑)
皆様もご存知の様に一口にHR/HMと言っても正統派なのか、スラッシュメタルなのか、デスメタルなのかゴシックメタルなのか、、、と数多くのジャンルが存在する訳です。
Rakshasaのメンバーもメタルは好きであれどどんなメタルが好きかはそれぞれ違います。多分。
因みに百合はシンフォニックメタル、ゴシックメタル、北欧メタル、メロディックメタル系が好きです。
勿論上記のカテゴライズに入らないから聴かない好きじゃないって事ではないですが!

という事で今回のお題のジャンルは「LAメタル」です!!
(リレー形式でお題を出し合っていきたかったがトップバッターなので自分で決めました(笑))
そして百合がレビューするのはGreat WhiteのOnce Bittenです!!

Great Whiteとは1978年ロサンゼルスでVo.ジャック・ラッセルとGt.マーク・ケンドールを中心に結成された前身バンドを経て1982年にGreat Whiteへと改名されスタートしたバンドです。
1983年自主製作のミニLPでデビュー。
バンド名の由来がグレイト・ホワイト・シャーク(ホホジロザメ)の為よくジャケットにサメが登場するとの事。

そんな彼らの1987年に発売された3rdアルバムがOnce Bitten。
まずジャケットのインパクトに目を奪われました。
綺麗な女性の後ろにサメ、B級ホラー映画かと思った(笑)
楽曲は所謂THE LAメタルとは違いそれを経てブルージーな渋さと大人の余裕が出てきた印象でした。
けして派手ではないです。純粋なLAメタルと言い難いです。
しかしこのバンドはこのアルバムでヒットを出しその名を世に広めました。
確かに耳に残るキャッチーさとVo.ジャックの憂いのあるハスキーな歌声はいつまでも聴いていたくなりますね!
時折ストリングスやピアノなどのキーボードアレンジ(ソロパートもある)も入ってるのも聴きやすさの一つだと思います。
1曲目のLady Red Light(出だしが一瞬RacerXのSuperheroesに似てる気がしてにやつく)や3曲目のRock Meなどが特に良いですが他にもスピーディーな曲、バラード、メロハーなどあり楽しめましたよ!
是非皆様も聴いてみて下さいませ!

レビューを書くなんて慣れなくて恐る恐る書いていましたが
今回がきっかけで素晴らしいアルバムに出会えたのは良い機会でした(^^)
さあ次回のお題ですが

「ジャパメタを橘花君がレビューする」

これでいきましょうー!
橘花君にジャパメタのイメージないもんね(笑)
そんな訳で宜しくね!

さて最後になりますがRakshasaも今後スケジュールも沢山決まってます!
一つ一つかけがえのないイベントですのでどこかでお会い出来たら嬉しいです。
百合もGreat Whiteのジャックの様にもっと表現力のある歌を目指して頑張らなければ。

ライブ情報
10/ 1(日)仙台FLYING SON
10/ 8(日)吉祥寺CRESCENDO
10/28(土)新宿WildSide Tokyo
10/31(火)新横浜NEW SIDE BEACH!!

ご予約はオフィシャルHPまで

最後までお付き合い有難う御座いました。
お百合でした*

デビューアルバム!

六道羅刹

CD

六道羅刹

Rakshasa

価格(税込) : ¥2,700

発売日: 2017年07月26日

%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る


このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

Rakshasaに関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る