【写真&レポ】ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 初日

2017年08月10日 (木) 19:05

|

ローチケHMV - 音楽フェス , ローチケHMV - 邦楽・K-POP

あいにくの終日曇り予報にも関わらず、午後からは快晴に恵まれ、夏フェス日和の最高のスタートとなった「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」初日。この記事では、初日の様子をレポートする。

My Hair is Bad
8月5日(土) PARK STAGE 10:30〜


午前10:30 今年リニューアルし、LAKE STAGE と同等のキャパシティを誇るセカンドステージとなった PARK STAGE のトップバッターを飾ったのは My Hair is Bad だ。昨年の WING TENT から1年。メジャー流通のアルバム『woman’s』リリースを経て、各段にステップアップした彼らが、朝一にもかかわらず大入りの PARK STAGE を熱くした。楽曲パフォーマンスはもちろん、ギター&ヴォーカルの椎木知仁の、自らの実感を頼りに吐き出す言葉に圧倒された40分。「絶対に大丈夫だ」彼の言葉に背中を押された人も多いのではないだろうか?

of



SIX LOUNGE
8月5日(土) WING STAGE 12:20〜


正午をまわったころ、昨年までのテントを外し開放感ある野外ステージとして生まれ変わった WING STAGE には、SIX LOUNGE が登場。「メリールー」「僕を撃て」「俺のロックンロール」など人気曲を惜しみなく披露。泥臭くてカッコいいロックンロールを響かせた。

奇しくも、My Hair is Bad、SIX LOUNGE という、レーベル THE NINTH APOLLO 出自のロックバンドが、初日の前半を盛り上げる形となった。

of



Suchmos
8月5日(土) GRASS STAGE 13:10〜


午後1時をまわり、ジリジリとした夏の陽射しが会場を照り付ける中 GRASS STAGE には、初出演となる Suchmos が登場。ステージフロントに立つ YONCE の着るアディダスのホワイトが眩しい。彼の超絶ソウルフルな歌唱で幕を開けたライブは、ロック、レゲエ、ジャム、テクノトランス...様々な音楽背景を自由自在に行き来するサウンドに体が自然と揺らされた。

of



back number
8月5日(土) GRASS STAGE 15:50〜


まだまだ、真夏の陽射しが残る午後4時前、GRASS STAGE には back number。ボーカル&ギター 清水依与吏は、2002年にプライベートで「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に訪れ、このステージの MONGOL800 に衝撃を受けたそうだ。それから15年後、同じステージに立っている事を感慨深く語った。切なく胸を焦がすバラード曲から、ライブチューンまで緩急自在なセットリストで観客の心を温めた。

of



マキシマム ザ ホルモン
8月5日(土) GRASS STAGE 17:10〜


そんな back number の余韻も残る GRASS STAGE にマキシマム ザ ホルモンが3年ぶりに帰還。ダイスケはんが開口一番「エゲツなっ!」と叫ぶ程、会場を埋め尽くす腹ペコ諸君。数万人規模のヘドバンは異常事態だ。膣ジャンプの封印も解かれた。とにかく全員ヘトヘトになるまで踊ったホルモンのライブ。「フェスにはホルモンが必要」を印象付けた50分となった。

of



B'z
8月5日(土) GRASS STAGE 18:30〜


初日のトリを飾ったのは「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」初出演となる B'z。「こんな素晴らしい景色を見られるなら、もっと早く来ればよかったよー」稲葉浩志が、GRASS STAGE を埋め尽くす観客、そして観客のノリを見ても叫んだ一言も印象に残る。

誰もが知っている曲のオンパレードとなったセットリストに歌い跳ねる観客。稲葉浩志のしなやかな身のこなしはどこを切り取っても絵になる。来年デビュー30年と言う節目を迎えるバンドの歴史。シングル49作連続首位獲得という偉業、ヒット曲を積み上げてきたバンドの凄みを感じさせるパフォーマンスで僕らを圧倒してくれた。

アンコールを求められ、再度登場した B'z。最後はやはりこの曲。大名曲「ultra soul」で、大盛り上がりの中「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」初日はフィナーレを迎えた。

of



2017年も2週末4日間、国営ひたち海浜公園にて開催される「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」。次週は、RADWIMPS、サカナクション、Perfume、KICK THE CAN CREW、欅坂46らが出演する。

ライブ写真提供:ロッキング・オン・ジャパン


二日目のレポートはこちら

【写真&レポ】ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 二日目

二日目を迎えた「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」。前半は、薄く雲がかかった空模様であったものの、風が無く蒸し暑い気候に。午後2時を回ったあたりからは、カンカン照りの太陽が肌を焦がし、夕方からは心地良い風が観客の熱く火照った身体をクールダウンしてくれた。

ローチケHMV-音楽フェス|2017年08月10日 (木) 18:47

2週目(8/11、12)のオススメはこちら



of



「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」タイムテーブル



出演日程


2017年8月5日(土)

ART-SCHOOL
赤い公園 
アルカラ
ウソツキ 
打首獄門同好会
大塚 愛
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
大森靖子
THE ORAL CIGARETTES
岡崎体育
ONIGAWARA
上白石萌音
空想委員会
Creepy Nuts 
ゴールデンボンバー
SAKANAMON 
ZAZEN BOYS
Suchmos
G-FREAK FACTORY 
シシド・カフカ 
SIX LOUNGE 
水曜日のカンパネラ
SUPER BEAVER
SKY-HI & THE SUPER FLYERS
ストレイテナー
SWANKY DANK 
Czecho No Republic
東京スカパラダイスオーケストラ
TRICERATOPS 
Dragon Ash
ナオト・インティライミ
Nulbarich
NUBO 
KNOCK OUT MONKEY 
The Birthday
back number
THE BACK HORN
B'z
ビッケブランカ
フレデリック
My Hair is Bad
マキシマム ザ ホルモン
真心ブラザーズ
MONOEYES
ユニコーン
リーガルリリー
LiSA

2017年8月6日(日)

雨のパレード
[Alexandros]
175R
エレファントカシマシ
OKAMOTO'S
Official髭男dism
OLDCODEX 
COUNTRY YARD 
きのこ帝国
キュウソネコカミ
a crowd of rebellion
KREVA
Crossfaith
桑田佳祐
go!go!vanillas
ココロオークション
さユり 
SHE'S
女王蜂 
SCANDAL
sumika
チャットモンチー
手嶌葵
10-FEET
ドラマチックアラスカ 
ドレスコーズ 
Nothing's Carved In Stone
never young beach
フジファブリック
a flood of circle 
plenty
THE BAWDIES 
The BONEZ
魔法少女になり隊
モノブライト
MONGOL800
ゆず
Yogee New Waves 
吉澤嘉代子 
夜の本気ダンス
RHYMESTER 
LOVE PSYCHEDELICO
Rhythmic Toy World 
Little Glee Monster
Lenny code fiction 
WANIMA
ワルキューレ

2017年8月11日(金・祝)

ASPARAGUS
androp
家入レオ 
イトヲカシ 
VAMPS
植田真梨恵 
WOMCADOLE
宇宙まお
Aimer
おいしくるメロンパン
尾崎裕哉 
鬼束ちひろ 
the GazettE
Charisma.com 
感覚ピエロ 
KICK THE CAN CREW
QoN 
グッドモーニングアメリカ
クリープハイプ
Xmas Eileen 
SILENT SIREN
サカナクション
サンボマスター
Shout it Out 
チームしゃちほこ
TOTALFAT
NICO Touches the Walls
the HIATUS
パスピエ
Perfume
BIGMAMA
平井 大 
04 Limited Sazabys
Plastic Tree
BRADIO
FLOWER FLOWER 
BLUE ENCOUNT
フレンズ 
ベリーグッドマン
Bentham 
ポルカドットスティングレイ 
MY FIRST STORY
MUCC 
ももいろクローバーZ
LAMP IN TERREN 
locofrank 
LONGMAN 

2017年8月12日(土)

Aqua Timez
あゆみくりかまき 
アンジュルム
AK-69 
KANA-BOON
CAPSULE
KEYTALK
きゃりーぱみゅぱみゅ
9mm Parabellum Bullet
GOOD4NOTHING 
GLIM SPANKY 
欅坂46
coldrain 
cinema staff 
SHANK
スキマスイッチ
SPECIAL OTHERS
SOIL&"PIMP"SESSIONS 
竹原ピストル
tacica 
dustbox
DADARAY
DAOKO 
Dizzy Sunfist 
NakamuraEmi
中村一義 
NAMBA69 
日食なつこ 
爆弾ジョニー 
ハルカトミユキ 
藤原さくら 
Base Ball Bear
POLYSICS
ポルノグラフィティ
マキタスポーツ 
Mrs. GREEN APPLE
三戸なつめ 
miwa
め組
モーモールルギャバン 
ヤバイTシャツ屋さん
yonige 
RADWIMPS
RIP SLYME
LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS+ 
ROTTENGRAFFTY
忘れらんねえよ

DJアクト出演アーティスト

8月5日(土)
DJ'TEKINA//SOMETHING a.k.a ゆよゆっぺ
DJやついいちろう(エレキコミック)
DJライブキッズあるある中の人
tofubeats

8月6日(日)
オカモトレイジ(OKAMOTO'S)
柴田隆浩(忘れらんねえよ)
DJライブキッズあるある中の人
出口博之(モノブライト)

8月11日(金・祝)
タナシンドローム
DJ和
てんぷらDJアゲまさ a.k.a. 小野武正(KEYTALK)

8月12日(土)
kz(livetune)
DJ和
DJダイノジ
DJピエール中野(凛として時雨)

※五十音順 
※出演アーティストは変更になる場合がございます

<公演概要>

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017

日程:2017年8月5日(土)・6日(日)、11日(金・祝)・12日(土)
会場:国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)

%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る

公式サイト



ロッキング・オン・ジャパン関連 フェスレポート

先日開催された JAPAN JAM 2017 レポート

新たなスタートを切った「JAPAN JAM 2017」会場レポート

開催場所を「千葉市蘇我スポーツ公園」に移転し、新たなスタートを切った「JAPAN JAM 2017」に潜入。実際に3日間行ってみて感じた、新生 JAPAN JAM の魅力をレポートする。

ローチケHMV-音楽フェス|2017年05月10日 (水) 00:00

昨年の ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016 レポート まとめページはこちら

行ってきました ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016 レポート

17回目を迎えてなおパワーアップし続ける「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」過去最大となるエリア規模で開催され、動員数も過去最高を更新。日本最大のお祭りに今年も、潜入させて頂いた。

ローチケHMV-音楽フェス|2016年09月16日 (金) 18:53

COUNTDOWN JAPAN 16/17 レポート まとめページはこちら

【写真&レポ】COUNTDOWN JAPAN 16/17(まとめ)

4日間トータルで18万1,247人を動員。過去最大の動員記録をまたしても更新し、2017年を迎えた「COUNTDOWN JAPAN 16/17」をレポート。

ローチケHMV-音楽フェス|2017年01月03日 (火) 10:00

COUNTDOWN JAPAN 15/16 レポート まとめページはこちら

行ってきました!COUNTDOWN JAPAN 15/16 レポート

年末最も熱い空間とも言えるこの会場に「ローチケHMV-NEWS-」が潜入。ライブのレポートをお届けします。

ローチケHMV-音楽フェス|2016年01月02日 (土) 10:00

JAPAN JAM BEACH 2016 レポート まとめページはこちら

行ってきました!JAPAN JAM BEACH 2016 レポート

初夏の幕張ビーチを熱くした「JAPAN JAM BEACH 2016」に、ローチケHMV-NEWS-が潜入。ライブのレポートをお届けします。

ローチケHMV-音楽フェス|2016年05月23日 (月) 18:00



このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

B'zに関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る