無人島 〜俺の10枚〜 【VaVa 編】

2017年06月19日 (月) 18:00

|

ローチケHMV - 邦楽・K-POP

THE OTOGIBANASHI’S のこれまでの作品に深く携わり、彼らの2ndアルバム『BUSINESS CLASS』ではリード曲「Department」のプロデュースを担当するなど、ビートメイカーとして存在感とセンスを発揮していた VaVa が、MC / Producer として、全曲フル・プロデュースの1st ラップアルバム『low mind boi』を完成させた。

アルバムでは、流石のサウンドメイクはもちろん、正直な心情を吐露するラップにもセンスが溢れまくり。VaVa というアーティストの確かな才能を感じさせる作品となっている。

そのサウンドからも、多彩な音楽からのインスピレーションを感じさせる VaVa が、ローチケHMVニュースの「無人島 〜俺の10枚〜」に登場。彼の音楽的センスの幅広さを象徴する10枚が選出された。


無人島 〜俺の10枚〜 【VaVa 編】
音楽好きには、超定番の企画“無人島 〜俺の10枚〜”。なんとも潔いタイトルで、内容もそのまんま、無人島に持って行きたいCDを10枚チョイスしてもらい、それぞれの作品に込められた思い入れを思いっきり語ってもらう。ミュージシャンとしてルーツとなるもの、人生を変えた一枚、甘い記憶がよみがえる一枚、チョイスの理由にはそれぞれのアーティストごとに千差万別。今回のお客様は、VaVa が登場。

keith jarrett 『The Melody At Night, With You』
これは自分が小4の時ぐらいから母親がずっと家で流してて、その時はあまり良さが分からなかったんですけど、聴き直したらドップリって感じですね。
一番最初にこのアルバムが浮かびました。なんてったってエモさの塊なんです。シンミリ系かと思いきや、心が浄水器にかけられてる感じでクリアになりたい人にオススメです。このアルバムは多分死ぬまで抱えてると思いますね。有名ですけど 笑
無人島で清らかに瞑想したい時用。


Yogee New Waves 『WAVES』
5月にリリースされたばかりのこのアルバムは、彼女が車でずっと流してて、気付いた時には俺も歌ってましたね 笑
特に5曲目の「Understand」から7曲目の「C.A.M.P.」の流れがかなり僕好みでした。どこか懐かしさを感じるところですかね。。これは永久にポジティブな自分でいられそうです。
無人島で一仕事終えた夕方頃に流したいですね。


『The Sting: Original Motion Picture Soundtrack』
誰もが幸せになれるはず、というか嫌なことを忘れられそうな曲ばっかですね。朝起きてこれを流した日はかなり気分がいいです 笑
なんですかね、これは色々通り越してもはや気分的な合法ドラッグですね 笑
そもそも映画自体最高なんで説明する必要ないかもですが。。。幸せオーガズム系。
間違いなく無人島で朝起きた時、もしくは何かを達成した時に流しておきたいです。


The Foreign Exchange 『Love in Flying Colos』
このアルバムは発売した2013年からずっと聴いてると思います。とにかくシンプルで、サウンドが激好みです。7曲目の「The Moment」とか聴いた日には暴れますね。
2013年といえば、僕が『Blue Popcorn』というアルバムを完成させた年ですが、その時期はラウンジ感のあるサウンドをずっと聴いていたのでまさしくバッチリでしたね。
無人島でやむを得ない単純作業を目の前にしても、永久にノってなんでもやっていけそうです。まさしく激最高。陳謝!


植松伸夫 『FINAL FANTASY VII ORIGINAL SOUNDTRACK』
スクウェアエニックスの中でも、間違いなく一番好きなゲームですね。昔から自分にとってゲームは重要な習慣で、これは中学の時に死ぬほどハマっておそらく今までで15周はしましたね。
もう iPhone版もありますし。中学高校の時はゲームと音楽だけが生き甲斐みたいな感じで、よく現実逃避して主人公になりきってましたね。笑
特にビートばかり作っていて、少し耳を休めたい時にこのサントラを聴くと構築されていく固定概念のようなものが毎回ぶっ飛ぶんです。いや本当に植松伸夫氏、天才すぎます。そういえば、フライングロータスもサンプリングしてライブしていましたね。
2曲目の「オープニング〜爆破ミッション」、7曲目の「急げ!」、18曲目の「スラムのドン」、24曲目の「メインテーマ」などなど。神アルバムすぎます。
まさしく無人島で得体の知れない化け物と戦ったり逃げたりする時にもバッチリですし、「メインテーマ」なんて聞いた時には心身ともに召されると思いますね。
すいません、とにかく好きなんでテンションあがっちゃいました。


すぎやまこういち指揮東京都交響楽団 『交響組曲「ドラゴンクエストII」悪霊の神々』
同じくスクウェアエニックスの中からフェイバリットなドラクエ。すぎやまこういち氏に弟子入りできないかなと思った時期もありましたね。笑
7曲目の「恐怖の地下道/魔の塔」をリアルな洞窟で流した際にはもう最高ですよね。。。
シドーかなり強かったな。。
すぎやまこういち氏の音は一発で耳に残るようなメロディー且つずっと聞いていられるんですよね。本人も言っていたのですが、ゲームを始めてエンディングまで、村に何回も寄りますよね。戦闘も1000回ぐらいすると思いますし、それぞれのシーンに飽きない音作りが必要ということを重視してるらしく。当たり前の話かもしれませんが、いざ本人から聞くとかなり重みがあるなって。
やっぱゲーム系は文章多くなっちゃいますね。笑
無人島で、新エリアを開拓する時に!!


Mac DeMarco 『another one』
みんな大好きこの方。最近出た『This Old Dog』(特に「On the Level」)もとにかく最高ですが、やっぱりこれですね。不安さとかをなくすヘンテコ感がありつつも、基本この人はかなり心地いい。
あと、この人は歌唱力で攻めていくタイプではない気がしてて、なんかスタイルなんですよね。マジでかっこいいです。なんか説明不要な感じがしますね。。
一言言うならば、馬場(VaVa)大好き系!


Craft Spells 『Nausea』
これもマジで最高です。タイトル曲、「Nausea」はぜひビデオから見てもらいたいですね。無人島に行く前に、あの映像を見ていたなら、自分の視界がこのアルバムの世界観に持っていかれる危険性があります。人間誰しもがある孤独ささえも、ポジティブにエモさへ変換してくれます。
まさに孤独な無人島生活にピッタリかと。
3曲目の「Changing Faces」なんて、聞いていたら体がとろけそうな感じですよね。笑
とろける系なんで、無人島でとろけたい時に!


Chet Baker 『1959 Milano Sessions』
こんなムードを感じる音楽初めてでしたね。
Miles Davis をも凌ぐ人気を誇っていたらしいですが、薬物中毒になってしまったみたいですね。
自分が無人島に馴染みすぎて、HMVさんが帰りの船を出す必要がないなってなった時。年をとった自分がこれを流していたら、なんかもう最強おじいちゃんって感じですね。
だんだん適当な感じになってしまって申し訳ないですが、このアルバムは絶対に持っていきますね。


吉田一郎不可触世界 『あぱんだ』
りんご音楽祭で初めてライブを見たのがきっかけでアルバムを買いました。サウンドが好みでしょうがないです。特に「法螺」はいつまでも聞いていられますね。
20年もの間溜めていた楽曲の集合体というどこかの記事を読んでびっくりし、また ZAZEN BOYS とソロの作品でこうもまた色が変わるのかと、最初に聞いた時の衝撃は凄まじかったです。
ビデオにもなっている「暗渠」はビジュアル共に大好きです。
個人的には夜寝る前、焚き火を前にしてずっと聞いていたいですね。



無人島 〜俺の10枚〜 過去のArchiveseはこちら


アルバム情報


VaVa
アルバム『low mind boi』
2017年6月21日
Label : SUMMIT, Inc.

Photo by Yohji Igarashi

<Track List>
01. My Shit
02. low mind spaceship
03. New Season
04. 杉並地区
05. SUPER VAVA pt.2
06. Time Walker
07. Another One
08. Other Side
09. Changed at Oct.
10. Aroma Rich
11. 混沌としたCity
12. Blue Sky -Good Ending Orchestra-
13. Keep All



ご予約はこちら

Loe mind boi

CD

Loe mind boi

VaVa

価格(税込) : ¥2,484

発売日: 2017年06月21日


VaVa

2012年からビートメイカーとして活動を開始。これまでビートメイカーとして、2013年『Blue Popcorn』、2016年『Jonathan』と2枚の作品を発表。また、THE OTOGIBANASHI’S の1stアルバム『TOY BOX』や、2ndアルバム『BUSINESS CLASS』ではリード曲「Department」のプロデュースを担当。
そして2017年、VaVa 自身による全曲フル・プロデュースの1st ラップアルバムをリリースする。

オフィシャルサイト



%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る



このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る