佐藤大樹×増田俊樹 W主演「錆色のアーマ」第1弾ビジュアル&キャスト情報など全解禁

2017年03月18日 (土) 17:00

|

ローチケHMV - 2.5次元・舞台 , ローチケHMV - 邦楽・K-POP


“舞台発、前代未聞のプロジェクト展開”と銘打って話題を集めた「錆色のアーマ」が、この度注目の第1弾ビジュアルを解禁。ストーリーの主軸を担う、孫一、織田信長の姿が初披露となった。

本作でW主演を務める孫一役の佐藤大樹は、本作のキーアイテムとなる“アーマ(武器)”を手に含みのある表情で銃の才に長けた雑賀衆の頭領を、織田信長役の増田俊樹は、煌びやかな衣裳を纏い、鋭い眼光でその先の未来を見据えた威厳ある戦国武将を表現した。

それぞれのフィールドで活躍をみせてきたこの異色のタッグだからこそ創り出せる対極的な空気感で、新プロジェクトの今後の展開を想像させるビジュアルとなっている。

そしてさらに、この度発表となった出演者は、繊細な表現力を持ち味として様々な舞台を中心に幅広く活躍している荒木健太朗、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」などに出演し、高い身体能力とエネルギッシュな演技で期待を集めている永田崇人、ドラマや映画など様々な場で定評を得ている平田裕一郎、舞台上で圧倒的な存在感を放ち、ワイルドな風貌と演技が魅力の章平、しなやかな印象とは異なり、クールからコミカルまで幅広い役柄をこなす神里優希、ミュージカル『刀剣乱舞』など2.5次元舞台を中心に活躍し、華やかな演技で観る者を魅了する崎山つばさ、舞台・映画・ドラマなど、あらゆるフィールドで活躍の目覚ましい栩原楽人、声優としても活動し舞台では殺陣指導を行うなど、多岐に亘って才能を発揮している市瀬秀和、数々の人気舞台作品に出演し、多彩な表現で注目を集めている輝馬といった個性豊かな若手俳優陣が集結。彼らがどんな化学反応を起こし、どんなプロジェクトの幕開けをみせるのか。

ついに全貌が明らかとなった本作。全員のビジュアル解禁にも注目が集まる。舞台版「錆色のアーマ」は6月に劇場で誕生する。

「錆色のアーマ」とは

戦乱の世を舞台に、天下統一を夢見た男たちが、企み、惹かれ合い、裏切り、葛藤など、それぞれの生き様を描く、実際の史実に基づいた完全オリジナルストーリーとなる。
今や世界に誇る日本文化のひとつとなりつつある、漫画・アニメ・ゲームなどを原作とした“2.5次元舞台”。
その流れとは逆に、まず舞台版が生まれ、そこからアニメをはじめとするメディアミックス展開を図っていくこの「錆色のアーマ」は、“逆2.5次元”とでもいうべき、前代未聞のプロジェクトとなる。
まずは東京と大阪で上演される舞台版から、このプロジェクトを始動する。

あらすじ

鉄砲ひとつで戦乱の世に名乗りを上げた孫一という男がいた。
その鉄砲技術を手中に収め、天を食らおうとする信長という男がいた。
始めのうち、信長は孫一たち雑賀衆を警戒し、孫一もまた雑賀衆の村を襲った信長を嫌い憎んだ。

信長暗殺を企み、信長の支配下に置かれた孫一率いる雑賀衆は、次第に信長の思惑を知り、悲しみを知り、やがて信長とともに天下統一の夢を抱きだす。

信長は、孫一たちの才能に惹かれ、孫一は信長の求心力に惹かれていた。

そこに忍び寄る第三の目、一向宗という存在。救済信仰を傘に、織田家内部に謀反計画の種を蒔いたのは実は一向宗たちだった。明智光秀もまたその一向宗の懐にいた。孫一は光秀と一向宗の罠に陥り、信長と完全に分断される。次第に進む信長暗殺計画。

すべてがその場所、本能寺へと集約されていく。

果たして、孫一と信長は、各々が目指す”天”に辿り着くことができるのか?

公演概要


「錆色のアーマ」

【東京公演】
2017年6月8日(木)〜6月18日(日)
AiiA 2.5 Theater Tokyo

【大阪公演】
2017年6月22日(木)〜6月25日(日)
森ノ宮ピロティホール

原案:「錆色のアーマ」プロジェクト
脚本:なるせゆうせい
演出:元吉庸泰
出演:佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)増田俊樹/荒木健太朗 永田崇人 平田裕一郎 章平 神里優希 崎山つばさ/栩原楽人 市瀬秀和 輝馬 他

チケット:
8,500円(前売・当日共/全席指定/税込)
※未就学児入場不可

前売開始:
2017年4月30日(日)10:00〜



%%message%%


このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

佐藤大樹に関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る