USJ『ドラゴンクエスト・ザ・リアル』先行体験会にドラクエファン200名が大興奮

2017年03月16日 (木) 15:00

|

HMV&BOOKS online - イベント・おでかけ , HMV&BOOKS online - イベント・レジャー

オープニング・セレモニーに参加する堀井氏(左)市村氏(右)とドラクエファン約200名


ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで明日3月17日(金)にグランドオープンする『ドラゴンクエスト・ザ・リアル』。そのオープンに先駆けて、本日3月16日(木)11時15分頃、パーク初開催となる『ドラゴンクエスト・ザ・リアル』のオープニング・モーメントおよび「ドラゴンクエスト」ファン先行体験会が開催。待ちきれないファン約200名がつめかけ、会場は熱気に包まれた。

オープニング・モーメントには、「ドラゴンクエスト」の生みの親である堀井雄二氏と、「ドラゴンクエスト30周年プロジェクト」統括プロデューサーの市村龍太郎氏が登場。堀井氏は「夢にまで見たドラゴンクエストの世界が現実になりました。人生はロールプレイング、主人公はあなた(ゲスト)です。ぜひ主人公となって楽しんでほしい」と語り、市村氏は「ゲームの世界を現実にするのは本当に難しかったが、徹底的にクオリティにこだわった。勇者らしい戦いをしてもらいたいです」とファンを奮い立たせ、本日特別に招待されたドラゴンクエストのファン約200名と共に開幕宣言をした。

セレモニーに参加したゲストは、「人生で初めての挫折を味わったドラクエのゲームの世界に全身で入ることができ、夢が叶った気持ちです」(東京都在住、40代男性)、「彼と一緒に楽しんできたゲームのリアルなダンジョンをそのまま体験できて、歩いているだけで本当にワクワクした。今日は上手く戦えなかったから、またチャレンジしたい」(東京と、親子でその体験の楽しさを語っていた。

2017年3月17日(金)より、「やり過ぎ限界突破」をテーマ都在住、20代女性)と興奮冷めやらぬ様子で感想を述べた。また大阪府在住の10歳の男の子とそのお父さんは「とても楽しかった!親子ではなく、子どもとともに戦う仲間になる体験は、ここでしかできない」「戦うパパ、かっこ良かった」親子でその体験の楽しさを語っていた。

2017年3月17日(金)より、「やり過ぎ限界突破」をテーマとした、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新しい1年が幕を開ける。2017年のユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、15周年の2016年度の盛り上がりを更に上回る数々の「やり過ぎエンターテイメント」で自らの限界を突破し続け、ゲストへさらなる“世界最高”の体験を届けていくという。明日17日よりオープンする『ドラゴンクエスト・ザ・リアル』は、その第1弾として2017年3月17日(金)〜9月3日(日)の期間限定で開催される。

ドラゴンクエスト・ザ・リアル
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

『ドラゴンクエスト・ザ・リアル』

次々に迫りくるモンスターとの白熱リアルバトル!
実際に武器を握り、振りかざして一撃を放つ! 本当に“勇者”になれるのは、ここだけ!
ゲストはそれぞれの武器を手にして、リアルに再現されたダンジョン(迷宮)を自らの足で進み、仲間と協力しながら、目の前に迫りくるモンスターたちと本当に戦う“リアルドラクエ”の世界を体験できます。ゲームの中でしか体験できなかった憧れの冒険の世界が目の前に広がり、実際に自分が主人公になれる感動は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでしか味わえない、「ドラゴンクエスト」史上初の“リアル・バトル・アトラクション”です。

『ドラゴンクエスト・ザ・リアル』オフィシャルページ



%%message%%


ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに関するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る