無人島 〜俺の10枚〜 【CIVILIAN:有田清幸 編】

2017年03月15日 (水) 12:00

|

ローチケHMV - 邦楽・K-POP

インディーズにして絶大な人気を誇った Lyu:Lyu としての活動から、より幅広い表現にチャレンジするため、昨年バンド名を CIVILIAN に改名し、新たな挑戦を続ける3ピースロックバンド。「自分のために書き殴った歌」から「誰かに聴いてもらう歌」を歌う事を選んだバンド CIVILIAN にとってメジャー第2弾となる「生者ノ行進」は、テレビアニメ「All OUT!!」第二クールのOPテーマに抜擢。バンド自身のこれまでと、これからの意志表明 と言えるアンセムソングとなった。
また、シングルには Vo.&Gt.コヤマヒデカズがニコ動上で ”伝説” と称されるボカロP「ナノウ」として活動していた時期に発表した「サクラノ前夜」も収録される。
そんな、彼らの過去と現在を繋ぐ重要な作品とも言えるシングル『生者ノ行進』をリリースした CIVILIAN が、ローチケHMVニュースの「無人島 〜俺の10枚〜」に参加。連載形式で毎週1名のメンバーが登場。10枚の作品を紹介してくれる。

無人島 〜俺の10枚〜 【CIVILIAN:有田清幸 編】
音楽好きには、超定番の企画“無人島 〜俺の10枚〜”。なんとも潔いタイトルで、内容もそのまんま、無人島に持って行きたいCDを10枚チョイスしてもらい、それぞれの作品に込められた思い入れを思いっきり語ってもらう。ミュージシャンとしてルーツとなるもの、人生を変えた一枚、甘い記憶がよみがえる一枚、チョイスの理由にはそれぞれのアーティストごとに千差万別。今回のお客様は、CIVILIAN 有田清幸(Dr)が登場。

各メンバーが選んだ10枚はこちら


Michael Jackson 『King of pop』
本当はマイケルのアルバムは全部持って行きたいくらい大好きであり、自分のルーツでもあります。苦肉の策でこのベストを選びました。中学生の時に初めてラジオで聞いた「black or white」が僕が初めて音楽で衝撃を受けた体験だったんです。


Bjork 『Debut』
Bjork との出会いは高校時代ですね。テレビで「hyper-ballad」どこかの寺院でライブしている映像を見て、その歌声に衝撃をうけました。その後にアルバムを買うようになって一番聞いているのがこの『debut』ですね。Bjork 自身のポップセンス、そして今なお進化している独創性のスタートラインにあるアルバムなような気がしています。


Ella fitzgerald 『Again』
個人的に自分の中の三大歌姫筆頭と位置付けてます。Jazz シンガー界の大スターである ella fitzgerald のアルバムから louis armstrong との共演アルバムを選びました。ビッグバンドとは違って小編成でのこのアルバムはいつも傍で聴いていたい一枚です。


Frank sinatra 『My way the best of frank sinatra』
普段から映画が本当に大好きで、シナトラの曲は挿入歌になっているケースってすごく多いんです。元々はそこからが出会いで。何より唯一無二の声、そして聴いているといろんな好きな映画のシーンだったりが思い浮かんだりする。音楽史に残る名曲だらけなので、best 盤をチョイスしました。外せない一枚です。


Janet Jackson 『Damita jo』
もちろんジャネットもマイケルの影響です。中でもこの頃の出している『all for you』と『damita jo』が特にお気に入りです。この二枚はジャネットのアルバムの中でもすごくセクシーかつよりポップな楽曲が多くて大好きな一枚です。


John mayer 『Paradise Valley』
ドラマーなのに実はすごくギタリストが大好きなんです。その中でもジョンメイヤーはデビュー間もなく出ていたグラミー賞のアクトをテレビで見てその頃からずっと追っかけているアーティストです。中でもこのアルバムは、初期のポップソングライターからブルースへ深く入りそしてカントリーへアメリカのルーツミュージックを見事にジョンのポップセンスで昇華した一枚だと思ってます。何より音質が本当に良いの一言ですね。


Amy winehouse 『Back to black』
若くして亡くなってしまったエイミーのアルバムを選びました。グラストンベリーでのライブパフォーマンスを見て一目惚れしたのをよく覚えてます。妖艶な魅力、楽曲の良さ、そして艶やか歌声、もっと沢山の曲を聴きたかったアーティストです。アルバムに出会った時のワクワク感は今でも覚えてます。


Benny sings 『I love you』
オランダの AOR の大スターの benny sings。独特の浮遊感のある歌声、少し懐かしさのあるサウンドメイクが大好物です。個人でもレーベルをやっていて所属している手がけるアーティストも掘り下げるぐらい大好きでハマりました。


古内東子 『Middle and mellow』
基本的に洋楽ばかり聴いているなか、古内東子さんの声に魅了されてアルバムはほぼ全ての持っています。何より歌声とそのアダルトな世界観や、切ない歌詞、メロディが本当に大好きで、特にこのアルバムが中でもダントツで聴いています。特に都会的な雰囲気あるミドルチューンが中心でタイトル通りのメロウな楽曲が目白押しです個人的な捨て曲なしの最高のアルバムです。


椎名林檎 『勝訴ストリップ』
高校時代に出会ってから、ずっと大好きなアーティストさんです。数あるアルバムからあえてこのアルバムを選んだのはある意味自分の音楽へ夢中になる創世記の頃に聴いていたいアルバムだったからですね。学校帰りや通学時にはただこのアルバムを大音量で聴いて外界をシャットダウンしていた記憶があります。そしてすごく救われたアルバムでもあります。


連載まとめはこちら

無人島 〜俺の10枚〜 【CIVILIAN 連載編】

彼らの過去と現在を繋ぐ重要な作品とも言えるシングル『生者ノ行進』をリリースした CIVILIAN が、ローチケHMVニュースの「無人島 〜俺の10枚〜」に参加。連載形式で毎週1名のメンバーが登場。10枚の作品を紹介してくれる。

ローチケHMV-邦楽・K-POP|2017年03月08日 (水) 12:00



作品情報


CIVILIAN
『生者ノ行進』
3月1日発売

<収録曲>
[CD]
1. 生者ノ行進
2. 君は君であることを
3. サクラノ前夜(ナノウ楽曲のカバー)
4. 生者ノ行進(アニメver.)

[DVD]
“2016.11.23 Major Debut Memorial Studio Live”
1. 愛/憎
2. LOVE/HATE/DRAMA
3. 3331



ライブ情報


「CIVILIAN ONE MAN TOUR “Hello , civilians,”」
5月18日(木) 愛知 名古屋ell.SIZE
5月19日(金) 大阪 心斎橋Music Club JANUS
5月25日(木) 東京 渋谷CLUB QUATTRO


%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る

オフィシャルサイト



このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

CIVILIANに関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る