DREAMS COME TRUE アスリート達へ歌とパフォーマンスで熱いエール

2017年02月20日 (月) 10:12

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

2月19日(日)札幌ドームにて行われた今冬最大のスポーツの祭典「2017冬季アジア札幌大会」の開会式で DREAMS COME TRUE がスペシャルライヴを披露した。

ドリカムの人気曲「WINTER SONG 〜DANCING SNOWFLAKES VERSION〜」が今大会のイメージソングに起用されたことから実現した今回のライヴ。開会式には32の国と地域の選手が参加、日本選手団主将のカーリング本橋麻里選手と旗手のアイスホッケー田中豪選手による選手宣誓に始まり、YOSAKOI ソーランやムックリの演奏など北海道ならではのウエルカムパフォーマンスが選手たちを盛り上げ、北海道出身の元スピードスケート選手清水宏保らによる聖火リレー、最終走者元スキージャンプ選手原田雅彦の聖火台点灯で開会ムードが高まる中、式典最後にドリカムが登場。

ドリカムにとってはこれが今年初ライヴ。ヴォーカル吉田美和が北海道出身という深い縁もあり、会場に集まった一般客や選手、関係者が大歓声でメンバーを迎えた。ライヴは、札幌ドーム全体が国籍を越えて一体となった「何度でも」、大会イメージソング「WINTER SONG 〜DANCING SNOWFLAKES VERSION〜」など、聖火台の前というスペシャルなシチュエーションで大ヒット曲や冬の定番曲など全8曲をパフォーマンス。

「(今回の大会が)みんなにとって忘れられない最高の日々になりますように!」という吉田のメッセージと共に最高潮の盛り上がりでライヴは終了。 これから熱戦を繰り広げるアスリート達に向けて、ドリカムが歌とパフォーマンスで熱いエールを送った。

セットリスト

OP. OPEN SESAME
M1. うれしい!たのしい!大好き!
M2. 連れてって 連れてって
M3. あなたのように
M4. PROUD OF YOU
M5. GODSPEED!
M6. その先へ
M7. 何度でも
M8. WINTER SONG 〜DANCING SNOWFLAKES VERSION〜


%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る

オフィシャルサイト



DREAMS COME TRUEに関するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る